2020年9月26日土曜日

矢口史靖「ダンスウィズミー DANCE WITH ME」(2019)

矢口史靖監督によるオリジナル脚本映画「ダンスウィズミー DANCE WITH ME」(2019 ワーナー)を見る。制作はアルタミラピクチャーズ。

催眠術によって音楽を聴くと踊り出してしまうという、荒唐無稽ファンタジー設定映画。主演は三吉彩花
三吉はBABYMETALオタからすると「さくら学院」時代からおなじみ。自分はこの女優を「グッモーエビアン」(2012)以来で見る。当時から三吉は長身スタイルの美少女だったのだが、予想に反してその後あまり女優業で活躍してなかった。
この子はかわいいというより顔がハッキリしててインパクトと迫力があってちょい怖い。化粧が濃い。30代ぐらいに見える。ウズベキスタンやアゼルバイジャンの美人に見える。

ヒロインの職場の爽やかイケメン社員ポジション役が三浦貴大。この俳優はこの規模の映画でかなりの頻度で見かける邦画俳優。
ヒロインの子連れで戻り姉が黒川芽以。ヒロインが自宅残業してるのに子どもを預けられる。この子が可愛げない。遊びに連れて行く。
この子がなぜか催眠術師宝田明のアトラクション小屋に興味を持つ。宝田明さんがまだまだ元気そうでなにより。

で、小学校学芸会のためにミュージカルが上手くなりたい!という子どもに「音楽を聴いたら踊らずにはいられなくなる~」と施術。
子どもには効かないのだが、催眠術を信じていない三吉がなぜかバカ効きw

ここから先がたまにミュージカル。だが、音楽の選曲もダンスもそれほど素晴らしく感じない。オフィスで踊り出してしまうシーンは日本でよく見る踊り付きCMのよう。
催眠術が効くのは三吉本人だけじゃなく社員全員なのかよ。と思いきや、本人がそう感じてただけなのか。ヒロイン困惑。

宝田を見つけて催眠術を解いてもらわないといけない。なのに宝田は債権者に追われ、夜逃げですでに姿をくらませている。たまたま目に着いた探偵ムロツヨシの事務所へ。宝田の居場所を探して!

トホホと家へ帰ると三浦がやってきて「プレゼンが通った」とお礼を言われる。急に踊り出したのは機転を利かせたから?
静かなレストランへいくのだが、とつぜん他テーブルに誕生日の少女がいてハッピーバースデーと音楽が始まってしまい踊りまくって店を破壊w 巨額の賠償を請求され、さらにトホホ。ヒロインは部屋の私財を売り払ってお金をつくる。哀しくて嫌な気分。
車内でラジオから井上陽水のシーンとか、ストリートのギタ女と一緒に歌うシーンとか、ミュージカルどころか普通にノリノリで気持ちよく歌っているだけでは?

昨年話題をさらったあおり運転トラブルネタもぶっこむ。嫌なやつしか出てこない。
タトゥー入り半グレチンピラ集団に取り囲まれて絶体絶命のピンチ!だが、ヒロインとましろが踊り出して意気投合とか都合よすぎ。

なんだこれ。見ていてそれほど突き抜けたような面白さと新鮮さがない。予想を上回ってくれな。ダンスシーンも中途半端で爽快さがない。

そして、宝田を北海道まで追いかけるロードムービー展開へ。なりゆきでヒロインと行動を共にするだらしないデブ役のやしろ優がひたすら不快。
コンビニで買ったカップ焼きそばのお湯を駐車場に棄てるなよ。地面に落とした麺に粉末ソースかけて喰おうとするなよ。

三吉ヒロインが必死で宝田を追いかける理由に、ムロツヨシ探偵が気づく。そこは「察しがいいな」と突っ込んだ。さすが探偵だw このシーンが唐突に芸人がネタ見せでやるようなコントで面白かったけど。

会社を辞めるシーンは爽快だった。人間はお金がなくても楽しく生きたい。
キャストが一堂に会して歌と踊りのシーンでは、かつてミュージカルで成し遂げられなかった少女の心の傷を救済していた。ああ、よかったと思った。
劇場で見るのはつらいが、単発テレビドラマだったらまだ面白かったかもしれない。

耳をふさぎながらスマホを取り出し口で呼び出し音を止めるシーンとかコントっぽかったけど、三吉彩花は女優として頑張ってた。
1回見てから後日、友人と一緒に2回目を見たら、雑な脚本と演出であっても意外にも面白く感じた。最低限の説明と回収はしていたことに気づけた。
Chayがなんでやしろの車を札幌市民会館前に乗り捨ててる?って思ってたのだが、社内に弘前でごみからあさったポスターがあったのね。それを見たってわけだ。何もかも台詞で説明しないのは良いことかもしれない。
この映画を酷評している人には2回見てみることをオススメする。

オリジナル脚本で映画をつくる大変さを考慮すると、これでも十分がんばったのかもしれない。だが、もう数年、脚本演出を時間をかけて練り込んでたら、もっと面白くできたように感じた。

ジーンズにTシャツ姿の三吉はスタイルの良さ(胸でかい)と顔の怖さは魅力があった。たぶんこの子にいじめられたいドM男子は多いんじゃないか…って想いが当たをよぎった。

0 件のコメント:

コメントを投稿