2018年11月13日火曜日

横溝正史「金色の魔術師」(昭和27年)

横溝正史「金色の魔術師」を読む。こいつも「大迷宮」と一緒に同じ店で購入したもの。昭和54年版角川文庫の第3刷。100円で購入。
表紙の杉本イラストがヤバい。「どーもでぇーす」と言ってるようにしか見えない。

金ピカのフロックコートにシルクハット、白髪を真ん中分け長髪にし八の字髭と尖った顎鬚の怪人が子どもたちを誘拐拉致し、悪魔教の祭壇でいけにする…という、リアリティの一切ないジュブナイル怪奇小説。昭和27年に「少年クラブ」に連載されたのが初出。

「大迷宮」で活躍した立花滋少年が主人公。今回は小学校のクラスメートと3人で「少年探偵団」を結成。怪しい幽霊屋敷に潜入し秘密の部屋で悪魔の儀式、そして生け贄の子どもが消える場面を目撃。等々力警部と一緒に「金色の魔術師」を追う。

大人たちがみんな怪しい。金田一耕助は関西で病気療養中。下手な自筆手紙で子供たちに指示するのだが、「黒猫先生」なるこれまた怪しい人物に相談することを勧める。
しかも「この手紙を信用しなければなりません」とか「このことは誰にも言ってはいけません」とか、どう見ても何か変だ。

雪子、月江、花代という劇場子役スターが狙われる。横溝先生は人物名がいつもワンパターン。三姉妹なのになぜ「オリオン三きょうだい」?

「諸君はプロ野球のチームに、オリオンズというのがあるのを、ごぞんじだろう。」とある。おや?と思って調べてみたら毎日オリオンズが結成されたのが昭和24年秋。毎日オリオンズは翌年の2リーグ分裂後初のパリーグペナントレースに結成1年目で2位南海ホークスに15ゲーム差をつけて優勝。第1回日本シリーズ(日本ワールドシリーズ)で松竹を破って日本一。
そんな時代の子どもの読物を今になって自分が読んでいるw

部屋がエレベーターになっていて入れ替わるとか、前にもどこかで読んだ。目新しいことは何もなく、読んでいてぜんぜんワクワクできない。でも「大迷宮」よりかはマシ。

2018年11月12日月曜日

「今日から俺は!!」ロケ地巡礼

現在放送中のドラマ「今日から俺は!」のロケ地も足利西高である。
実は自分はこのドラマをまだ見てないw だが、乃木坂の若月が出演してるのでいちおう押さえる。
ドラマでは「私立軟葉高校」となっている校門
前栽
2年3組の教室
健太郎席
教室
制服も展示
ちなみに、若月佑美と橋本環奈の喫茶店シーンが撮影された「豆の樹」さんにも行ってみたのだが、西高文化祭当日臨時休業していて内部を見ることができなかった。

2018年11月11日日曜日

広瀬すず「ちはやふる」 瑞沢高校 ロケ地巡礼

足利西高は「ちはやふる」の瑞沢高校のロケ地でもある。栃木フィルムコミッションさんが聖地西高学園祭というイベントを企画してくれたおかげで内部を見学できた。
屋上シーンの撮影場所を押さえる
野村周平が女子からの告白を断って罵詈雑言を浴びて屋上に閉じ込められる
 広瀬すずが肘と背中をつけた正確なポイントも押さえる
押さえる
 広瀬すずが部員勧誘ポスターを貼ってるシーンの渡り廊下
 上白石を捕獲した廊下と同じ
瑞沢高校に潜入できた喜び
あと、かるた部の部室も足利西高の片隅にセットとして展示されていた。よくみると撮影禁止らしい。写真を撮れないものに関心はないw ちょっと覗いてささっと立ち去る。

2018年11月10日土曜日

アガサ・クリスティー「鳩のなかの猫」(1959)

アガサ・クリスティー「鳩のなかの猫」を読む。これは昨年の秋ごろに手に入れたもの。橋本福夫訳2004年早川書房クリスティー文庫版。100円。
CAT AMONG THE PIGEONS by Agatha Christie 1959
クリスティー女史51冊目の作品。これも古本屋で実物を手に取るまで存在をまったく知らなかった本。
ぜんぜん有名になってない作品だからつまらないんだろうと想像。ツイッター検索するとスーシェ版ドラマの感想が多い。

これ、推理小説でなくスパイスリラー2時間ドラマだった。
中東の架空の王国での革命クーデター騒ぎの最中に、王子から英国人青年パイロットに莫大な価値を持つ宝石の小袋を託される。
王子とパイロットは脱出を図るも機体は山中に墜落。だが、パイロットは宝石を姉の娘の所持品の中に隠していた。そいつが巡り巡ってロンドンの名門女子高メドウバンクへ。

登場人物たちにはまったく見えていないが、宝石を隠したテニスラケットと、隠す現場を手鏡で見ていた女の存在は最初から読者に明かされている。宝石を狙った何者かによって、女子高の体育館で立て続けに体育教師、ドイツ語教師、フランス語教師が殺される。

登場人物のほとんどが女教師と15歳の少女たち。だがそれほど人数が多くない。読んでいて混乱はしない。1950年代英国の名門女子高がどのようなものなのかを知る。

聡明で冒険心のある少女ジュリアは論理的推察によって一連の犯行の中心にテニスラケットがあることに気づいて宝石を発見。伯母のパーティーで知っていたポアロの元へ駆け込む。

ポアロが登場するのは終盤。最後に一室に関係者が集まって真相と犯人を指摘する。この真相は誰も言い当てられないと思う。
最後には諜報特務機関の大物のような謎の人物も登場。

この作品はクリスティー愛好家にもそれほど評判は良くないようだが、自分は楽しかった。ひと晩で読んでしまった。

登場人物たちにユーモアがある。映画のシーンとして活き活きと想像できた。日本にはスパイスリラーってジャンルはあまりないな。

2018年11月9日金曜日

乃木坂46「何度目の青空か」ロケ地巡礼その2

では引き続き「何度目の青空か」ロケ地「足利西高」を現地調査して写真をいっぱい撮ってきたので紹介する
次に、「なあちゃん跳び蹴り」の現場を押さえる。
ひょろひょろガーリー体型の西野に飛び蹴りされたところで、こんなふうにすっ飛ぶことはないだろうと思う。握手会で「飛び蹴りしてください」とオタたちに言われたかもしれない。
ガヤたち。イジメを助長するとか難癖をつけられなくてよかった。
つぎに屋上へいってみる。屋上がいろいろなドラマや映画で使用されていて人気スポット化してて人が多かった。
では最後に階段部分
以上でMV公開から4年目の「何度目の青空か」巡礼完結

2018年11月8日木曜日

乃木坂46「何度目の青空か」ロケ地巡礼その1

乃木坂46の10枚目シングル「何度目の青空か」MVが撮影された栃木県足利市の旧足利西高校(廃校)内部に初めて入ることができた。フィルムコミッション主催の西高文化祭のおかげで。
この教室は3階の端っこにあって日当たりが良いために高頻度でドラマに使われている。
感動的なまでに何もかもが一致。一般開放日だったこの日を待ちわびていた人は多かったらしく、この教室は常に人でいっぱいだったのだが、人が居なくなったほんの一瞬の隙をついて撮影。
橋本の席に座ってみたり、西野の席に座ってみたり
おわかりいただけただろうか?「チョーク入れ」の文字が変わっていないことを
あまりに多くの写真を撮ってしまったために2回に分ける。次回は教室シーン以外の場所を
あと、これと同じ机を捜索したのだが発見できなかった。3階の教室にはどこを探してもなかった。