このブログの記事を検索

2017年7月22日土曜日

FLOWER FLOWER 4人そろって初めてラジオ番組に出演

7月21日夜8時、FM802 BINTANG GARDENにフラワーフラワーの4人が登場した。バンド結成以来、このような出演は初めてだったかと思う。

これ、なんと大阪の人しか聴けない。信じたくない話だが本当だw それ以外の地域の人はインターネットのあるサービスを使うしか聴く手段がなかった。なんとか準備して間に合った。

録音が…冒頭がちょっと欠落したw 聴きなおして文字にまとめてみる

番組冒頭で「夏」がピコピコと流れた。そして番組パーソナリティー?の人がバンドFLOWER FLOWERの経歴を簡単に説明。そしてyuiからご挨拶
「フラワーフラワーのyuiです。FM802に来るのは2010年以来7年ぶり?もうそんなになるんですね」
「あっという間な感じなんですけど。2012年にシンガーソングライターとしてのYUIの活動を休止しました。ちょっと寂しかったんですけども、ちょっといっぱいいっぱいになってしまったりとか、歌が歌えなくなってしまったりして…これ以上は無理だとなって辞めたんですけども、もう少し歌を唄ってみたいと思うこともありました。」
「そしてそのときにフラワーフラワーとしての活動もスタートさせていこうと思った。最初はとくにバンドという形にこだわってたわけでなくて、気持ちよく歌えたらいいなと思ってて」
「そんな時にフェスで見たまふまふがかっこよくて。この人とと一緒にやってみたいと目標ができて。で、集まったんです」
yuiはバンド結成のいきさつは2013年6月に「めざましテレビ」で語ったことがあったけど、以後あんまり触れてなかった気がする。またこうしてラジオでyuiが語っていることが新鮮。
「2013年からソロでアコースティックライブツアーを行いました。」
「今迄はたくさんの支えとか助けもあり、わりと自分で何もしなくてもライブができていたり、いろんなことができていたんですけども、何かちゃんと自分でもライブの集客を集めたりブッキングとかしてみたりとかそういう経験もしてみたいと思ってやり始めた。」
「楽しかったけど寒かった。雪降ってる中ビラくばりとかしてた。」
これらはみんな2012年から2013年にかけての冬、東北や京都磔磔やらでシークレットでライブハウスに出演してたときの話だな。あのときは日本中がYUIの情報に飢えていたw
なにげにこの話をyuiが直接喋ってするのは初めてな気がする。
「ビラ配りの技術とかアップしたw」
「みんな通り過ぎるのが速い。もらってくれない人の歩き方もわかるし。」
「貰ってくれそうな人にはぐいっと前に出て渡すみたいな方法を身に着けましたw」
「あと顔を『YUIです!』って前面にだしてw」
「そうこうしてスタジオでのセッションを繰り返して、曲の製作もスタートさせていったんですけども、今のメンバーがそろったのもこのころです。」
なんで雪の中ライブ告知ビラくばりなんてやってんだろってあの頃は思ってたな…。今こうしてあのときの話を聴けてることが感慨深い。

「月」ON AIR(CD音源)
「2013年は夏フェスや対バンライブ。年末にはFM802 radio crazyにも出演しました。」
「2014年はスタジオ製作をメインに、2015年には色をリリース、2016年には宝物をリリースしました」
この辺は原稿を読む感じ。

メンバー自己紹介。いぇ~いw ここからはライブMCみたいなぐだぐだした感じのトークw
(yuiから見たむらじゅんについて)「陽気。演奏中はやたらかっこいい。ステージに立つと痩せてみえるw プラス、女子に見られる。」

「まふまふは内と外で違うタイプ。今はわりと普通」「テンションを挙げてくれる」

「さっちゃんはロッカー。分厚い本を読んでる。1行も読めない難しい本を読んでるイメージ。ライブではどっしりしてる。謎なタイプ。」

むらじゅん「ゆいさんは(ゆいさんて誰やねん!)最初はメールでのやりとり『よかったら一緒に音出してみませんか』みたいな」「これホントにゆいかな?知り合いに聴いたら『それ、ゆいだね』って。それからすぐスタジオに入った。」
yui「思ったより背小さかったでしょ?よく言われるw」む「イメージ通り天然、不思議な魅力をもった方だなと」

まふまふ「メール来る1年位前から紹介されてた」yui「ホームページを見つけてメールさせていただいた」ま「歌を唄っているYUIと申します…って」ゆ「すぐ電話していただいて」ま「びっくりするよね。普通間にレコード会社の人とか入るし」「そこがYUIらしい」
ま「典型的なAB型でボケ殺し」「O型はAB型にころころされる」

さっちゃん「YUIの印象は集中力を発揮してバッと短くやってすぐ帰るみたいな」
むらじゅん「まふまふはクレバー天然」

コーラ事件とは?「1時間で曲つくろう。でも飽きて。帰ろうってなって。コーラ1本飲んでスタジオに戻ったら曲ができたw」

yui「私も結婚出産を経験しました。何が変わったか?ほんとにたくさん変わったことがあって。昔から守るものはあったんですけども、守るものが増えて。精神的にどしっとしたものができた。」

「願い」ON AIR

「ブランドのかたが企画してビルボードさんとも。それを目標にメンバーとも音を出してって。ほんとにこのライブが決まったことが大きかった。」
「目標が決まってそこに向かって次の目標が決まって行った。」

2月22日Billboard大阪音源から「スタートライン」「バイバイ」をON AIR
聴きなれてる音源と歌い方が違う。

で、ステージ終わり直後にインタビューした音源から
ま「3年半ぶりにやったと思えない。もっと良くなってる。伸びしろがどこまであるかってゆう」
さ「なんか自由度が増しつつ、yuiちゃんの声量があがったなって」
む「フラワーフラワーだけを見に来てくれたみなさんといい雰囲気をつくれた」

終演後のファンたちの熱い喜びの声をON AIR なんか、ツイッターでよく見かける名前たち!
yui「ホントにうれしくて」「アコギはちょっと最近新入りさんが来てくれたんで。その子をかわいがって。」
「私がむらじゅんをよくいじるのはいじりやすいから。私にできないことをしてくれる。支えあってますね。」
むらじゅん「美味しいパスを出してもらってる」ゆ「表情が豊か。キーボードに必要なことかわからないんですけどw」

これからの方向性について
ゆ「目標は大きくよくばってもいいのかな?いろんなところに行きたいし、いろんな人に会いたいし。大きいところもしてみたい。」
ま「わりとロックな方向性?結局セッションやるといろんな曲ができてしまう。そのとき面白い音楽をやっていけたら。」

新曲「マネキン」ON AIR これはCD音源。
「これ、yuiが持ってきて。ガレージバンドでつくったやつ。スタジオであーでもないこーでもないと作った。」
「聴いてなかった。もう1回言って!」
このへんの会話はボケ殺しyuiを男3人が取り囲んでる感じ。こういうの待ってた。この4人の楽しいやりとりは早くテレビでも放送されるべき。

じゃあ最後にメンバーひとりひとりにフラワーフラワーとは?と質問
さっちゃん「自由にできる場所。大事にしていきたい」
むらじゅん「yuiという類稀な才能を支えていきたい。yuiが歌い続けられるようにみんなで支えていくバンドです」
まふまふ「日本の音楽業界に風穴を開けていきたい」ゆ「それふくちゃんが言ってたやつやん」

yui「メンバーを自慢するためにやってるようなところがある」「支えであり、戦友であり仲間であり家族。安心して歌える演奏できる場所」「愛してます!」

「こんな感じでユルいんですけど、たまにちゃんとやるときはやるので、ぜひお会いするのを楽しみにしてます。次はライブ会場でお会いしましょう」

いや~、期待していた以上に面白く楽しい番組だった。雰囲気がゆったりしてて自由。ボケ殺しyuiと大人の男たち。ラジオでのトークをこれからもどんどんやってもらいたい。

とりあえず、情報に飢えてる人のためにまとめた。

3 件のコメント:

  1. ありがとうございます。
    とりあえず8月2日が待ち遠しい!

    返信削除
  2. このラジオを録音して繰り返し聴いています。yuiさんが楽しそうに話しているのが嬉しいです。フラフラ初期のエピソードがyuiさんの言葉で語られて、不安よりもワクワクとした期待感の多い時期だったのが伝わってきて、少し安心して泣けてきました。

    話し方とかYUIラジオの時とあまり変わっていないですね。大人の落ち着きは出てきたけれど、自由奔放さと生真面目さが混ざった不思議な面白さがあります。不定期でいいからメンバーと一緒にフラフララジオやってほしいです。

    メンバーとの信頼感が伝わってきて安心しました。ライブ本数も増えるだろうし大きな会場でのライブも期待出来そう。慌てて追いかけなくても大丈夫かな。

    「日本の音楽業界に風穴を開ける」のを本気で狙って欲しいです。自分たちの手で音楽を産み出し続けるバンドが人気者になって欲しいです。

    返信削除
  3. 自分はYUIが場を仕切るように率先して喋っててw しかもYUI時代を語り、ハナ名義ソロ活動時代のフラワーフラワーまで語るとはちょっと驚き。
    YUI RADIO時代にYUIから話を引き出そうと頑張ってた近藤Pが可哀そうにすら思えました。

    そのそもメンバー同士のトーク自体がレア。
    YUIは武道館以上のデカい会場を嫌ってるとすら思ってた。バンドとしてアリーナツアーを目指してほしい。

    返信削除