このブログの記事を検索

2017年5月16日火曜日

志田愛佳 研究 その1

新潟を旅するついでに欅坂46の新潟出身ガール志田愛佳(しだまなか)について調べてみた。
志田愛佳は初めて見たときからかなり個性的で強いインパクトを残した。おそらく欅坂で一番イケてる子。

「欅って、書けない?」での土田・澤部とのやりとりが初期からかなり面白い。ひな壇トークではかなり積極的に前へぐいぐい参加してくる。
志田さんは見た目から、かなり気の強いきまぐれ猫娘のような気がするのだが、「まだ大人じゃないのでたくさん怒られたい」というしおらしいことも言う。面白いしクールな一面もあるしテンションの高いときもある。志田さんは反体制の女。ROCKな女。

志田さんは欅坂に加入する前に新潟でのモデルとしての活動歴があった。調べるとすぐにそのことが出てきた。
日本カワイイ博というサイトに当時15歳の志田さんの写真がある。2度見3度見してしまうレベルの個性的美少女だ。そこに見附市出身と書かれている。なので、早くから志田さんは見附市出身ということが知られていた。

高校はどこか?ネット上では見附高校と言われていた。だが自分は「見附市だから見附高校って安直じゃないですか?」と思っていた。それ、本当?
答えは志田のブログにあった。2015年12月3日の記事および2016年4月8日の記事でUPされている写真で着ているジャージが、調べてみたら見附高校の体育ジャージと一致した!なんだ、やっぱり見附高校だったのか。
志田さんはあまり新潟の地元の話をしないように感じていた。あまり地元にいい思い出がないのかな…と思いきや、ジャージで地元をアピールしてた!
で、ここが見附高校。GW中なので閑散としていたのだが、部活?補習?3人ほど女子学生が登校してきた。志田さんが着ていたとはあまりイメージできない制服だった。
道の突き当りにあるのでこれ以上は近づかないことにする。
ちなみに志田さんは中学時代、体育祭で熱中症予防のために帽子を被る必要があったのだが、「ラメがギラギラついたツノの生えた黒い帽子」を被って行っただけでめちゃくちゃ怒られたんだそう。
親まで呼びつけられたという。どんだけ校則に厳しいんだよ。さて、中学はどこか?

見附市民たちにとっても地元から人気アイドルが出現したことが相当にうれしかったらしく、ツイッター検索で多くの情報が眼にとびこんできた。
真偽不明ではあるが、見附市で志田姓が多いエリアは〇〇町であること、志田さんの祖父が中学で野球のコーチをやっていることなどを知った。
野球が盛んな見附市内の中学を探ってみたら、志田姓のコーチがいるらしい中学の見当がついた。祖父がその中学校の関係者だとしても、孫の愛佳も同じ中学とは断言できないのだが、見附西中の可能性が浮上してきた。
ここが見附西中。米どころ新潟らしく田んぼに囲まれている。正面に見える建物が、志田さんがバレー部で汗を流した体育館だと思われる。ま、あくまで推定。

さて、小学校の卒アルが公開されたことがあったのだが、志田さんはそこでトランペットを持って写っていた。
小学校の鼓笛隊でトランペットは珍しいと思って調べると、見附市立葛巻小学校に金管部なるものがあると判明した。どうやら志田さんはそこでトランペットと出会ったのではないか…と推論づけた。あくまで推論。
で、ここが葛巻小。比較的新しい建物だ。この小学校も周囲は一面田んぼ。

この小学校に通っていたとすれば、学区的に見附西中に通うことになる。ということはやはり中学校は見附西中ではないか? 「野球」「金管バンド」の両面から西中というキーワードに達した。
というわけで自分は「志田愛佳は見附西中出身」とプロファイルした。葛巻小学校は60%ぐらいの確信しか持てない。
実は志田さんは2013年8月にカワイイ博に関連して地元ミニコミ紙から取材を受けたことがあるのだが、そこでハッキリと「志田愛佳(見附西中出身)」と書かれたことがある。
そのことは西中と推論してからたどり着いた。なんだ、地元の人々にはお見通しだった。

ちなみにこのミニコミ紙は2016年12月に「志田愛佳さん(〇〇町出身)欅坂46で紅白歌合戦へ」という記事も載せている。
これ、さすがに範囲がギュッと狭まり過ぎるので詳細を明らかにすることは差し控えるが、地元民たちは志田さんがだいたいどこ出身かを知っているということがわかった。

以上はネット上に断片的に存在する情報に基づく自由な推論と詮索にすぎないため、事実と異なる可能性もあることをお断りしておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿