このブログの記事を検索

2017年2月18日土曜日

Perfume / TOKYO GIRL 初回盤

ひさしぶりのPerfumeシングルリリース。発売日前日は夜にTSUTAYAに行くと1枚たりとも置いてなく前日フラゲに失敗。当日に購入。なので特典的なものは何も手に入れられなかった。

「TOKYO GIRL」は調べてみたら「STAR TRAIN」からじつに1年3か月ぶりのシングル盤リリース。「FLASH」の配信は2016年3月だったので11か月ぶりシングル曲。
通算23枚目!2012年のユニバーサル移籍からだと9枚目!
自分はじつに「Baby cruising Love/マカロニ」からPerfumeシングルはすべて発売日か発売第1週には買っている。今はネットで高画質でMVが見れる時代。初回限定盤に1,900円を払うことはお布施のようなもの。
自分がPerfumeを追いかけ始めたは2007年の後半からだったので、今年2017年はオタ歴10周年でもある。

最初に「TOKYO GIRL」という曲名を聴いたとき、やってくれたなあって思った。PerfumeはHIROSHIMA GIRLじゃろが!って思ったけど、それはPerfumeの3人たちも同じ思いだった。だが、すでに人生の約半分を東京で、かけがえのない美しい季節を過ごしてきた彼女たちはTOKYO GIRLに間違いない。
TOKYO GIRLを聴いたとき、やっぱこんな感じか…と、とくに新鮮さは感じなかったのだが、何度もリピートして、歌番組の映像を見たりしていると、やっぱり好きになっていた。サビで十分にアガれる。

吉高由里子が出演しているMVは夜の東京に浮かびあがるPerfumeタワー、そしてCG合成の3人。Perfumeはなかなかロケ地めぐりのたのしみを与えてくれない。
もうしわけないがあ~ちゃんも声で出演している日テレ水曜ドラマ「東京タラレバ娘」はまだ1度も見ていない。すまん。

自分は最初、これは宇宙エレベーターか?って思った。ヤスタカはPerfumeの3人が学生だった時代、そんなSF話をしてコミュニケーションをとっていたのを想い出したから。
たぶんこの高度のタワーは近未来の技術が必要。

なんか、2020年の東京オリンピックがなんとなく見えてきた気がした映像だった。
カップリング曲の「宝石の雨」はすでに「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」で耳に届いていた。こちらのほうがAサイド曲よりも先行で公開。評判も上々。甲乙つけがたい。
Track3、Track4のインストルメンタルもかっこいい音であふれてる。

初回盤の特典DVDは3人視点によるMV撮影の15分のメイキング映像。カメラを渡された3人がず~っとフヒャフヒャ笑いながら撮影。
3人とも28歳になって貴婦人のような姿になっても、こんなふうに箸が転がっても笑っていられるってすごい。うらやましい。
Special Teaser Trailerってなんだ?って思っていたけど、これは別になくてもかまわなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿