このブログの記事を検索

2016年12月9日金曜日

週刊プレイボーイまるごと一冊「乃木坂46」増刊!!を読む

乃木坂とは底なし沼。オタク心をくすぐる燃料がつぎつぎに投下される。雑誌書籍のたぐいが多すぎて、とてもすべては見きれない。なので読むべきものを厳選してじっくりしっかり読む。

で、気づいたらこんな一冊が出版されていた。週刊プレイボーイ増刊「まるごと一冊乃木坂46増刊!!橋本奈々未総力特集27ページ」だ。ほんとうに全てのページが乃木坂!w

このシリーズはグラビアの質がとても高い。どのページを見ても誰もが美しい!w

ページをめくると最初に「3期生名鑑Book in Book」。自分はすでに与田祐希(16歳 福岡)を推すと決めている。ちょっと新山詩織に似ているw

では、このイシューを読んで自分が「お?!」って思った箇所と感想
  • 衛藤X白石グラビア 衛藤美彩はいつかやってくる白石の出産に立ち会う約束をしている
  • ロケ弁が食べたくて乃木坂に入った橋本に10種ロケ弁食べ比べ企画 橋本「唐揚げがおいしいお弁当は外れがないって思ってて。」 橋本が選定したベスト5はいつかぜんぶ食べたいw
  • 乃木坂46楽曲MV総選挙 自分がベストだと思っている「命は美しい」がメンバー投票で第1位。だが、もうひとつの俺的ベスト「夏のFree & Easy」の名前を挙げたのが新内ただひとりなのは一体なぜだ?
  • 「サヨナラの意味」MV秘蔵エピソード 柳沢監督と乃木坂MVや個人PVでおなじみの映像作家による座談会トーク。「サヨナラの意味」は撮影2日前の夜になってもストーリーが固まってなかった!深夜のファミレスで同僚映像作家たちに「助けてくれ!」w
  • 橋本卒業発表後単独インタビュー 「19歳から20歳になるときが一番恐怖だった」「「乃木坂には縛られながらも守られていた」
  • 「乃木坂工事中」構成作家座談会 自分は寺田が自転車練習中に楽屋に閉じこもるとか、すべて構成作家による台本だと思っていた。だが、これを読むと、バク転練習中の「星野みなみ立てこもり事件」とか、「飛鳥バレンタイン三連敗で泣く」とか、すべてリアルだったらしい。「乃木坂46時間TVはカメラ1台置いておいてダラダラとやってもいいのに、本気で地上波感覚でつくってしまった」「生田からフィンランド民謡やりたいって言われたときは『何言ってるの?』って思ったw」「2ヶ月後に第2回があるって聞いたときほど自分の耳を疑ったことはないw」とか、面白かった。
今回のまるごと一冊乃木坂もとても面白かった!出版に尽力した関係スタッフたちに感謝したい。
PS. 最近になって「anan」の乃木坂美脚選抜表紙号(2015年5月27日号)を手に入れた。108円でゲット。松井がいる乃木坂表紙雑誌は貴重だな。そしてTHE清楚の乃木坂としてはめずらしいセクシー表紙。絶景だと思う。
美脚選抜にまなったんがいるのがちょっとどうなの?って思ったけど、まなったんは脚に関しては自信を持っているらしい。
なお、生駒と生田が美脚トレーニングのページに登場している。たしかにこのふたりの脚には色気を感じない…。

PS. この秋に「初森ベマーズ」ロケ地でまだ行ってなかった愛川町の田代運動公園にいってきた。
男女混合小学生チームが練習していた。リアルななまるが投球練習をやっていた。
はやいとこ乃木坂全員出演ドラマをやってほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿