このブログの記事を検索

2016年7月30日土曜日

乃木坂46 命は美しい

2015年3月リリース、乃木坂46の11枚目シングル「命は美しい」(通常盤)も手に入れた。これもHOで実開封品が大量にある中から救出。108円だった。ジャケットの写真が好き。

テレビCMでも流れていたらしいのだが、この曲もやっぱり自分の耳にまったく届いていなかった。乃木坂に興味を持ってから初めて知った。
このシングルでも西野七瀬がセンター。なんと3度目。外部から傍観している非オタからすると、世間的に知名度の高い生駒ちゃんや白石でなく、西野が乃木坂オタ一番人気というのは意外だった。ドルオタはこういう子に弱いのか。

「命は美しい」はMVが衝撃だった。自分は乃木坂を上品なアイドルグループぐらいにしか思ってなかったのだが、このダンスシーンに惹きこまれる。ダンスチームとしての乃木坂を強くアピールしたMVではなかったか。
この1本は胸を張って世界に紹介できるダンスアイドルMV。
撮影は底冷えのする富士の裾野にある倉庫で行われたそうだが、冷たい空気は美少女軍団をさらに研ぎ澄ます。
笑顔を封印したキメ顔のみのダンスが美しい~。衣装もステキ。

MVの後半は衣装チェンジするのだが、ゴス衣装?!さらに新鮮で素晴らしい!是非フルバージョンで見ることをオススメする。自分が乃木坂に圧倒された唯一のMV。

多くの人に見てもらいたいMVなのだが、YOUTUBEで公開されているShort Ver.だとその衣装でのダンスシーンが完全にカット。初回シングルかMV集を買わないと見られない。自分はスペシャTVの乃木坂MV集で見れた。
唯一好きじゃないのが「黒い涙」「白い涙」。自分にはヘンテコで余計なモノに感じられた。チョコレートソースと練乳にしか見えない。

このシングルでSKE、AKBの松井玲奈は乃木坂兼任を解除。この年に松井はSKEを卒業しアイドルを辞めた。松井の交換留学は乃木坂に何かをもたらしたか?スパルタ体育会系SKEの文化が乃木坂に少しでも伝わったか?それは見ている側からはわからない。松井はここでも圧倒的存在感を示した。
Track2は「あらかじめ語られるロマンス」、ライブ定番曲?人気あるみたいだけど、MVがあまり好きじゃない。
通常盤Track3は「ボーダー」。えっ?ダンス・エレクトロニカ?
この3曲ともインストルメンタルも十分鑑賞に堪えるクオリティ。

歌詞ブックレットには生田、橋本、深川、堀、まりか、飛鳥のポートレート。おそらく早朝の九十九里の浜辺で撮影されたもの。みんなすごい美少女。

PS. 今年のFNSなつのうたまつりでの48Gと乃木坂欅坂連合の生駒センター「サイレントマジョリティー」のあまりの素晴らしさに感動。
生駒は乃木坂で過去6回センターを務めていることが納得のカリスマぶりだった。生駒ちゃんを見直した!
生駒の左後にいる欅坂46の守屋茜(18)が美人すぎてつらい。もう完全に恋かもしれなくてすごくつらい。

0 件のコメント:

コメントを投稿