このブログの記事を検索

2016年5月2日月曜日

「今、話したい誰かがいる」の谷村町駅

富士吉田で桜を見物した帰りに「好浩」で鍋焼きうどんを食べるという、「麦子さんと」ロケ地めぐりで残されていた最後のミッションを達成した。
そして、「麦子さんと」ロケ地めぐりで昨年訪れたばかりの谷村町駅へふたたびやって来た。
だが、谷村町駅は今では乃木坂46で有名。

乃木坂46の13枚目シングル「今、話したい誰かがいる」MVのダンスシーンは谷村町駅前で撮影された。
このダンスシーンは動画サイトなどで公開されているMV short ver.だと見ることができない。MVの終盤にならないと出てこないから。
自分は今年に入って「ALL MV COLLECTION~あの時の彼女たち~」のテレビCMでチラッと見ただけで「あっ、谷村町駅だ!」ってわかった。この収録が行われた日からツイッターなどで谷村町駅で撮影してることがファンの間で話題になっていたらしい。
東京の人の多さからすると、考えられないぐらいにのどかな駅前だ。
行くまでもないと思っていたけど、ついでに立ち寄って巡礼を果たしてきた。
もう自分には乃木坂のロケ地に行くことしか、やりたいことが残されていないな。

PS. 先日これを手に入れた。日経エンタテインメント2016年2月号
表紙の状態がかなり悪い。油脂で一部印刷が溶けている。だが、今読みたかったので購入。108円。

2015年大ブレイク果たし紅白への出場も決定しさらに注目が集まっていた乃木坂46を大特集した、乃木坂を知るための入門書的特集号。自分は改めて基礎的なことを学んだ。

白石、西野対談では、2015年の夏がツアーとドラマ撮影で記憶がないほど忙しかったことを。
秋元、生田、高山、橋本対談では、デビュー当時のティッシュ配りでAKB公式ライバルと言うと反応が好かったと語られる。橋本は「齋藤飛鳥が順調に育ってる!もっと多くの人に見つかってほしい!」と語る。

衛藤、飛鳥、深川、星野対談は2015年躍進組としてセッティング。歌番組ではカメラに抜いてもらえない微妙な立場を語る。衛藤「大分の地元だと生駒ちゃんとまいやんぐらいしか知られてなくてショック!」

乃木坂クリエイター座談会では、テレ東のプロデューサーが「ベマーズ」での桜井の演技を褒める。あと、「伊藤万理華も今後女優として大成しそう」と期待感。

伊藤かりん、北野、新内、堀対談では、「今、話したい誰かがいる」で2期生11人全員が選抜落ちした現状を語る…。

この特集記事がとても面白かった。今、自分は乃木坂に関することを見聞きすることが何でも楽しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿