このブログの記事を検索

2016年4月17日日曜日

YUI 「音楽を一生辞めたくないな」

アイドルに特化したテレビ情報誌B.L.T.2013年1月号にYUIのインタビューが1ページ載ってた。これを紹介し忘れていた。

2012年の年末、YUIは8年目にして初の紅白出場ということで、いくつかのテレビ誌各誌にこんなインタビュー記事が載った。この時期のYUIは年内の決まっていた仕事のみこなしていて、翌年の仕事はすべて白紙の状態。
初のベスト盤リリース期もぎゅっと仕事を詰め込んだスケジュールで、このグラビアもなんと他誌すべてで衣装が同じ。すべて同じスタジオで1日で撮影したのかもしれない。

これ、実は乃木坂の記事をあさっていて存在に気づいた。今年になってさらにYUIもフラフラも再生回数が減ってしまっていた…。ひさしぶりに気づいてなかった記事に出会えて言葉に詰まった。

他誌とたいして違いのないYUIコメントが掲載されている。いつものようにほんの一部を引用したい。
今は、音楽を一生辞めたくないなって思っています。歳を重ねるのっていいことだなって思えてるし、綾戸智恵さんみたいに長く歌えるアーティストになれたら、本当にステキですよね。
(一部省略)
ただ、大人になってもどこか社会に対する反骨精神みたいなものはあるし、これからも持ちつづけていたいですね。大人だからいろんなことを分かってはいるけど、その上で「それは嫌!」って言えるように。
春フェスにはでるかな?夏フェスはでるだろう?年末にはきっと…、と焦りつづけ、気づいたらYUIが姿を消してまる2年以上。いつしか焦りは諦めへと変わっていた…。

いくら子育てが大変といっても、ちょっと一息ついたときスマホをいじることもできないのか?ファンがいなくて活動ができないミュージシャンは数多いのに、待ってるファンがたくさんいるのに何もないことへの不信…。

だが、子育てを経験したことのない自分には子育てが何たるかをまったくイメージすらできていなかったことは確かだ。
それに、YUIの音楽活動の時間スケールが、綾戸を例に出してることから、40代50代の自分もイメージしてのものらしい。自分とは根本的にここで意識が違っていた。

YUIとは直接関係ないのだが、この春、ずっと音楽活動を休止していた宇多田 ヒカル(33)の再始動のニュースが伝わってきた。
YUIを宇多田と同じに比較したりできないのだが、今後のYUIを想像する上で何かヒントと啓示のようなものを得た気がする。つまり…、YUIが活動を再開するのはまだ2年3年先のことになるかもしれない。
YUIの歌が届くべき10代20代に伝わらなくなってしまう…という心配はもうしなくなった。YUIの歌を聴いて育った若手ミュージシャンたちが、YUIのレジェンドをちゃんと次の世代に伝えていた。

目覚ましテレビで藤原さくらと福山雅治のCHE.R.RYのセッションはうれしかった。これからYUIを見つける人がいるとすれば…、それはうらやましい。

7 件のコメント:

  1. 活動休止の頃のインタビューで綾戸智恵や森山良子が目標と言っているのを僕も読みました。復帰するにしても弾き語りとか小規模な活動が中心で、スター的な活動は望めなさそう。

    YUIみたいな人ってなかなかいないですよね。人の心に響くようなメッセージソングから、親しみやすくてフックのあるポップソングまで手掛けられるソングライティング能力。

    ルックスだって、初期の頃はアイドルでもなかなかいないような可憐な可愛らしさ。時を経るにしたがってモデルでも通用するようなおしゃれで洗練された大人の女性になった。
    活動期間中の写真を見ると、どの時期もYUIは可愛くて美しい。

    その気になれば音楽界はおろか、芸能界の頂点に立つことができるようなポテンシャルを持っていると思う。
    YUIはそんなものにはなんの魅力も感じていないのでしょうけど。

    まあそういう奥ゆかしい部分も好きなんですが。。
    あとこのインタビューでも発言している反骨精神。大人の言いなりにはならない媚びない雰囲気がカッコいいと思う。

    返信削除
  2. なかなかニュースもネタもなくて、しびれを切らした海外ファンから音源流出…。日本にいても情報がないのに海外はもっと焦ってるな。

    YUIは反骨精神強すぎた…。ま、そこが長期不在中もリスペクトされる理由のひとつかもしれん。
    復帰する日が来たとしても大々的にってことはないだろうなぁ。

    返信削除
  3. 長いことYUIさんの曲を聴かなくなってしまっていたなか、たまたまyoutubeでYUIさんの曲を聴きこのブログを思い出してのぞいてみました。
    いまでもYUIさんの記事を書いてくださっていて、YUIさんに熱中していた時のことを思い出して感慨深い気持ちになりました。
    ありがとうございます。

    返信削除
  4. 自分も以前ほど聴いてない。
    続けるのはなんとなく義務感。
    ネタ枯渇のためにひと月に1回ぐらいが精一杯。

    返信削除
  5. とあるバスケ部2016年5月10日 1:32

    ブロガーさん、またまたお久しぶりになってしまいましたm(_ _)m
    最近、買った本があるんですけど、もしまだ読まれてなかったら、是非読んでみてください。
    「音楽業界 金のバイブル」という本で、ひさしさんへのインタビューが載ってます。たぶん、ネットにも落ちてるかも?

    YUIのディレクションの仕方とか、出会いとか、今の自分の活動とか、割と知らなかった事が書いてあってまたYUIさんを思い出しては、苦しくなってました笑

    デビュー前、鼻に絆創膏付け、嘘言って(?)東京へ行こうとしなかったYUIさん。
    電話とかで済ませるのではなく、なにかを察して、すぐ福岡まで心配しに会いに行く、ひさしさんもひさしさんだなと思いましたが、デビュー前にできることなら今、ソニーをやめたいと言いきれるYUIさんもYUIさんだなと。
    YUIさんのなかで、音楽との向き合い方は売れる前から変わってないし、なにより変えたくないことだったんだなと強く感じました。

    なんか久々に、YUI NOTE開いて、YUIさんのことを想っては、勝手に1人で苦しんで…。
    好きになるって辛いですね。
    私の場合、失うとわかってて、好きになってしまったので、自分がいけないんですが笑
    YUIさんの歌を聴いてると幸せなのに、どこかが痛んできます。

    今もぽっかり穴が空いてるように、心の真ん中えぐられたまま。
    感情の置き場もない。
    でも、ここは、本気でyuiさんにしか埋められない場所だから、待つしかないですね、私は。

    ついこの前LAGOONのライブでまた福岡行ってきたんですけど、やっぱり福岡という街は、私の心を1番踊らせる街でした。
    YUIの街。
    人の心のなかから、YUIが消えないことを願うばかりです。

    P.S.この前LAGOONとの対バンにDraft Kingがいて、ライブ後、SHIHOさんとNOHANAさんにステポのCDにサインしてもらったり、YUIさんの話、はんぶんこの美織さんの話とかしました♪
    久々に人とYUIの話したので、なんだかとっても嬉しかったです。
    今度の対バンライブには、ひさしさんのChelsyがいるので、それもまた楽しみです٩(ˊᗜˋ*)و

    相変わらず、私はLAGOONを全力で追ってるんですが、今度6月1日に「僕たちの毎日が永遠になる。」というミニアルバム発売します。
    なにかの機会があったら是非聴いてみてください。
    美織さんのバンドだけど、お世辞抜きにいい曲ですよ。

    あと、最近、私も乃木坂少しかじってます笑
    工事中とか、バラエティのみで、、笑
    曲一つもわからないし、好きとかいう感情は全くないんですが、ただただ面白いというか、それぞれのキャラクターに癒されるというか。
    ちなみに、私は橋本奈々未が1番ですかね。まいまいといくちゃんとあしゅとかも割と好きです。

    またまた長文失礼しました。

    返信削除
  6. その本、去年話題になったとき買おうか迷ったけどまだ未入手。

    デビュー前に「ライヴがしたい」とYUIが言い出したのでライブハウスをブッキングしに歩いていった…って箇所を読んで、自分もSME六番町から四谷のライブハウス(当時の場所に現存せず)まで歩いてみたりした。あんまり得るものがなかったので記事にしなかったけど。

    YUIはデビュー前からめんどくさい性格してった…って、YUIはブレてない!w
    これからもそんなYUI伝説を語り継いでいきたい!w

    Draft KingのSHIHOとNOHANAはもうステレオポニーのこと、もう思い出したくもないのかな?って勝手に想像してたので、その情報、新鮮。

    今、Chelsyの上昇気流に乗ってる感じがすごい。たぶん会場にひさしさんも来るんじゃないかな。見つけたらいつものとあるバスケ部さんらしく突撃かましてほしいねw

    乃木坂!自分も動画サイトで面白シーンを見るのがメインw 数時間並んで10秒握手とか行く気になれないしw 
    でも、楽曲はわりと毎回感心する素晴らしさだと思う。

    返信削除