このブログの記事を検索

2016年2月7日日曜日

乃木坂46というアイドルグループを発見した

松井玲奈つながりで乃木坂46というアイドルグループの存在を知った。

実は自分はテレビはキーワードで登録録画したものを早送りでしか見ていない。そうすることで日々を乗り切ってる。じゃないと1日が24時間で間に合わない。見ないといけないDVD、聴かないといけないCD、読まないといけない本がある。
なのでAKBとかとても有名なアイドルグループのメンバーの名前も顔もよくわからなかった。改めて録画しておいた紅白を見返す。消してないでよかった。上の写真は藤あや子のバックダンサーを務めた乃木坂からの6人。

気づいたら、YouTubeにUPされている乃木坂動画を50本ぐらい見まくった。量が膨大すぎてとても全ては見れない。
見た結果どうなったのか?もう完全にこの子たちが可愛くて愛おしくて仕方がない。
みんなキラキラと輝いてる。見ていて華がある。なのにヒナ段芸人みたいw ハマっていく中毒性がある。どうりでここ数年一番人気と勢いがあるアイドルグループなわけだ。

どうしてこんな楽しい番組が放送されていたことを今日までまったく知らなかったんだろう?自分はずっと秋元のビジネスモデルには絶対に乗っからないって誓ってた。なるべく視界に入れないって決めてた。紅白や歌番組でもぜんぶ早送りで跳ばしてた。

膨大な動画を見まくって初めて知った数々のこと…
白石麻衣がこのグループの絶対エースでは?と思った。誰が見ても美人だと感じるに違いない。
白石、美人なのに面白い!「黒石さん」面白い!雰囲気がすこし真木よう子に似てると思った。
橋本奈々未、おそらく自分が一番最初に名前と顔を認識したメンバー。たぶん月9ドラマで見たのが最初。そのときは「乃木坂46」という名前はまったく認識してなかった。
橋本がアイドルというには自分としてはちょっと違和感がある。いい意味で普通の人に見える。

美人と言っていいと思うけどスキだらけ。可愛く映っていないことが多い。目がギョロっとしていて若々しさを感じない場面が多い。いつもなにかに脅えているように見える。
たぶん白石と橋本のふたりがメンバー内で常識人お姉さん。ビジュアル担当。このふたりが前に立つと画がゴージャス。
西野七瀬、初めて見たときから「相当に性格キツそう」って思ってたけど、完全に誤解だった。異常にメンタルが弱くてすぐ泣くって知った。おそらくこの子は相当にモテることだろうと思う。スーパー美少女。2015年の2月からノンノモデルデビューしてるので、そのときに名前と顔を知った。当時の自分には乃木坂もAKBも区別がついていない。
ノンノモデルにまでAKBが進出するのかよ…って、以前は否定的に見ていた。そんな自分を許して欲しい。
この子は大阪出身なので普段からおっとり関西弁。こういうのはバラエティ番組の映像を見ないと気づかなかったことだ。
「乃木坂って、どこ?」でのマカオ・バンジージャンプ映像は見ているこちらもマジビビリ。
松村沙友理、この子も人気メンバーらしいのだが、2014年の秋に集英社の妻子もち30代社員と路上キス写真を撮られるという大スキャンダルを起こしてたw そんなニュースがあったこと、なんとなく覚えている。あれはこの子だったのか。なんでそんなことするん?ちょっとアホっぽい…。

だが、松村が一番アイドルらしいアイドルに見える。アイドルとしての素質は一番に感じる。
あと、広瀬すずとクリーミィマミのコスプレグラビアを一緒に撮ったのも松村だった、って今になって知った。

生駒は素朴な男の子。若月はキツそうな顔の感じがいい。堀は目が個性的で不思議な感じ。星野、井上、中元もふわふわしてて子どもっぽいけどかわいい…。齋藤飛鳥って子が超かわいい。伊藤と斉藤って子が多くて見ていて混乱した。
深川、衛藤、桜井も美人と言ってよい。秋元、高山、和田、みんな個性的で面白い。
まだときどき「誰、これ?」ってことがあるけど、7割ぐらい苗字だけは言えるようになった。

畠中って子が孤高で気になったけど、「乃木坂って、どこ?」の学力テスト企画でダントツに「バカ」が判明。日本語の読解力と常識があまりになさすぎる。社会で生きていけるのか不安になるレベルで守ってあげたくなるw だが、もう乃木坂を辞めてたんだな。ちゃんと生きてるのかな?
で、自分が一番魅力を感じたのは生田絵梨花だった。誰が見たって絶対的な美少女。品がある。声も喋り方も可愛い。何もかも好き♥ あ~、もう完全に恋だわ。

ピアノが超絶に上手いことと、「ビブリア」に出ていたってことだけ知っていた。16歳ぐらいのときの堀北真希に見た目と雰囲気が似ていると思っていた。てか堀北そのものに見える場面もある。
今回動画を見まくって、ドイツ出身だということを知った。え?!もう19歳なの?15歳16歳ぐらいかと思っていた。天使かと思った。それに、かなりユニークで天然で面白い!GLAYを熱唱するシーン、即興ウクレレ歌唱、壮絶料理シーンが面白かった。西野と最後までマカオタワーバンジーを争ったのは見ていて助けてあげたくなった。

写真集を出したそうだ。欲しい…。

自分が高校生、大学生のころに生田と出会っていたなら、自分は生田推しになっていただろうと思う。握手会とかコンサートとかは絶対に行かないだろうけど、「君が愛おしい」って伝えたい…。

これ以上は乃木坂にハマり込まないように注意していこうと思う。幸いなことにまだ自分は楽曲にはそれほど魅力を感じていない。なのでライヴ映像とかはまったく見ていない。グループアイドルのライヴコンサートのあのノリがまだ苦手。

あと、動画を見ていてバナナマン(特に設楽)はアイドルいじりに関して天才だと思った。乃木坂が大ブレイクした功労者だと思う。

2 件のコメント:

  1. 自分もAKBに興味はありませんでしたが、たまたま当時SKEに在籍していた秦佐和子さんを発見し(現在は声優)、その流れでデビュー間もない乃木坂46に辿り着きました。若いころにもアイドルのCDは買ったことがなかったのに、本棚にアルバムとMV集が紛れ込んでいます。AKBの運営会社が経営に参加しているので握手会アイドルではありますが、方向性はかなり違います。知名度を得る近道であるバラエティ路線ではなく、楽曲・映像作品・ファッションなどに注力しているようです。テレビ出演が少ないのはブランド戦略かもしれません。楽曲に興味はないとのことですが、MVには乃木坂の世界観が凝縮されています。

    返信削除
  2. 今も乃木坂ってどんどんファンを吸収して急拡大してるよね?たぶん今までになかったタイプのアイドル。自分もすごく気になってる。実は乃木坂で好きな曲が2曲ある。その記事は次回に…。

    返信削除