このブログの記事を検索

2015年9月21日月曜日

Perfume Anniversary day1 P.T.A.サミット@TSUTAYA O-WEST

というわけで、Perfumeメジャーデビュー10周年アニバーサリー10DAYSの開幕戦「P.T.A.サミット」(夜の部)に参加するために渋谷道玄坂のO-WESTまで出かけてきた。このあたりは夏も冬もなんだか空気も雰囲気も悪くて嫌。

だが、今日ほどワクワクした足取りでO-WESTに向かった日もなかった。あのPerfume検定の(上位500名×2公演)のみ参加が許されたという「パフュオタ虎の穴」。楽しみな反面ちょっと怖かった。

どんなやつらが来るんだろう?家でひたすら動画ばかり見ていたような人?それともイッちゃった目をした超パフュオタエリート?こればかりは読めなかった。
あれ?いつものPerfumeライブに来るような人々と何も変わらないじゃん!おじさんもいるし、女子もいるし、普通の男子高校生、大学生っぽい人たち。いつものアリーナライブに比べたら家族連れだけは皆無。しかし、10歳ぐらいの女の子を連れたお父さんみたいな人がいたな。あれは娘に権利を譲ったってことかな?

番号順に呼び込まれる。今回からスマホチケットを導入。これが、自分もアプリを入れてちょっと操作しようと思ったけど大混乱した代物。なんで「前の画面に戻る」とか無いん?使いづらくて仕方ない。
観察しているとやはり入り口で戸惑っている人が多かった。今回経験したことで次回からペーパーチケットを選ぼうと思う。

ちなみに自分は夜の部の「380番台」。Perfumeの3人の温情で2回公演になったことで拾ってもらえた。チケット番号が完全に成績順になっていると今日のMCで知った。全国1位は17歳の女の子で全問を9分で解答してる…って知った。第1位が昼の部の1番、2番が夜の部の1番、と交互に振り分けたとのこと。

で、狭いハコに押し込まれた500人が神妙に開演を待つ。それにしてもO-WESTはこんなに小さかったか?って思った。
開演直前の注意事項アナウンスで「パパパパパパパ…」をよどみなくスラスラ読んだ女性に拍手喝采。

なんと1曲目は「コンピュータードライビング」だった!この曲は数年前にロッキンひたちなかでやったな。「揺れて~~!」って、あ~ちゃんが3回ぐらい叫んでたな。

そしてまさかの「おいしいレシピ」に震えた。「あげたりさげたり」して楽しかった。踊っている3人が照れなのか、終始にこにこニヤニヤ恥ずかしそうに笑っていた。こちらも幸せだった。

この日の3人はパールホワイト?レースの入ったふりふり衣装。のっちの腕が細くて白いなって思った。陶磁器みたいだった。自分の位置からは脚はまったく見えなかった。

そして「スウィートドーナッツ」、この曲はFCトゥワーでやったことあった?MCでオーディエンスがそう言ってた。自分はトゥワーZepp TOKYOに参加したけど、もう遠い昔でよく覚えていない。この曲の手振り「波、波、OK、波、波、まいど」がちゃんとできている人を3人はステージ上から審査していた。後にサイン入りシールをのっち賞、かしゆか賞、あ~ちゃん賞でプレゼント。みんな若い女子ファンだったかな。

続いて「ファンデーション」、お散歩かしゆかにオーディエンス歓喜!やっぱり3人とも笑いっぱなし。小さいステージなので3人の相互の間隔がとても近い。
ファンデーションをパフで塗っているしぐさののっちにエロスを感じた。かつては背伸びをした少女たちだったのだが、今では完全に大人のレディ。のっち、27歳の誕生日、おめでとう。

そしてまさかの「カウンターアトラクション」、3人が向かい合って会話でもしているかのようなダンスがあるのだが、これも3人がニヤニヤしっぱなし。
そしてまさかまさかの「彼氏募集中」。この曲はもう2度と聴けないと思っていた。ここまで6曲ノンストップ!自分は圧縮とモッシュにちょっとだけしか参加しなかった。観察に徹した。

「みなさん、こんにちわ~~」、最初の長い長いMC。自己紹介からの「ぱ・ふゅーむ・ですっ!」「渋谷O-WESTへようこそー!」

「けっこーぶっとばしたセトリでした」「知ってた?全部?本当に?全部わかった?だったらヤバいわ~w」

「音源化されてない曲とかあるもん。カウンターアトラクションとか。」「bitterって、あれ、もう売ってなくてね」「え?売ってるの?銀色のやつ」「あ~ちゃんの家にもない」「お母さんは持っとる?」
「のっちも持ってない。すごくレア!」「持ってたらちょーだい!」

のっちとかしゆかは昔の曲のダンスを確認するためにYOUTUBEで「みんながあげてくれてるやつ」を見たんだそうだ。「通信制限でWi-Fiでしか見れなくなってやんのw」

「リハやってるときから楽しくて楽しくて」という3人。いつも笑顔で爆笑だったという。「おいしいレシピとか、ジャンプしてるだけだもん!」「昔は煽るのに必死だった」「今は引き算ができるようになった!w」

前のほうが苦しそうに見えたのっち、「ここからけっこーな時間喋るので、みんな後ろに下がろう!」。中央付近でメガネを落とした人がメガネを取り戻す。

あ~ちゃん「みんな記者発表見てくれた?!」「馬場さんがステキだった!落ち着いたちょうどいい盛り上げ方をしていた」「友人の結婚式でPerfumeを踊ったりしたって!典子だからのっちのはずが、馬場だからば~ちゃんをやらされたって」「馬場さんは品のある秀才でええ人。もっと好きになった!日本の誇り!」とベタ褒め。
「めっちゃ緊張した。ゆっくりになってた」「マイクがスタンドマイクでよかった。グリーンアロマの発表のときのマイクは長くてぐらぐらwで使いにくい!」

そしてあ~ちゃんのトークは「P展」の話題へ。

「このリハ終わったあと、セッティングを遅くまでやらせてもらった。デザイナーさんいるのに」「あーゆーの大変じゃね。あの空間に詰めるものが15年ぶん」
「ゆかちゃんはストイック!さすが!」「のっちはのっちらしいチョイス」
のっち「白い棚できれいに見えるけど、もっと雑多w」「デザイナーさんがおしゃれにしてくれとる」

渋谷交差点の3画面にPerfumeが映るのを、事前に詳しく調べないで見に行ったというあ~ちゃん。「1時間待った。途中でツーステップやったりストレッチをやったりして待った」「でもCMは一瞬だった」

「みんなは今日10時からチョコラBBのCM見れるの?録画?ああいうのはナマで見ないとね~」「このあとみんなで電気店へGO!」「人生そんなもんよ。基本、チャレンジでここまで来ましたw」

「昨日のTOKYO FMの前夜祭聴いた?」「1時間も枠をくれた!」「3人で聴きながらLINEで会話していた」「高橋さんも春奈ちゃんも観点が違う。テレビの人は声だけ聴いてると、泉のように話が出てくる」「とーやまさんは想いだけで喋る」「きらき~ら~の♪のところ一緒に歌いたかった~w」「口イントロ、面白いけどわからんわ!」

「O-WESTの楽屋が見覚えあった。匂いが(記憶に)染み付いていた。」「当時はステージに一番近い楽屋はイエローキャブの売れてるグラビアの人が使っていて、私たちは遠くのO-Nest飛び越えた向こう!みたいな」「それが今日は近い楽屋を3つも貸切!」「今日は知ってるスタッフさんたちがずっと階段に座ってくれている」「ずっと知ってる顔!何度も喜びが込みあがってくる」「全員で談笑してる感じ」

「O-WESTのライブをこんなに楽しんでるのウチらしかいない」「昔は偉い人が見に来てたり、ここでダメならもう終わりっていう…のや、ここでがんばれば!っていう勝負のときだった」「それがこんなにもニコニコ笑ってO-WESTでできている!」「寝転んで写真撮った!」「生贄みたいに見えたw」「こんなゆるい話はドームやアリーナじゃでけん!」

のっちが2005年7月7日に「リニアモーターガール」でのメジャーデビューを告知したときのMC表をステージ脇から持参。「このころは(MCを)一字一句読んでいた」、のっちの朗読が始まる。

「みなさん、今日は何の日かご存知ですか~?」「そうです、七夕でーす!」、のっち「天の川」を噛む。「ミルキーウェイを見たことないんですよ~」「ある?」「今日も雨ですけど、見てください、この竹!」、あ~ちゃんかしゆか「竹って!そこは笹だろ!」「竹って書いてある!w」

このころの台本MCには「(笑)かっこわらい」まで書いてあったという。「ここで急にタメ語とかw」

Perfume検定を3人がPTAの動画で実際に受けてみた。格付けがのっちは「ぱふゅーむ」、かしゆかが「ぱーふゅん」、あ~ちゃんが「ぱふゅ」だった。客が笑う。
のっち「鼻で笑われてますよ!」「ウチのあ~ちゃんを笑うんじゃないよ!」

「ぱふゅ」の人、この会場であ~ちゃんただひとり。「すごくいずらい…」
かしゆか「検定を受けてる最中、あ~ちゃんが一番喋ってた!」あ~ちゃん「知らんがな!って問題ばっかり」「でも、スタッフさんがつくってくれた問題は私たちの思い出。うれしかった」

のっち「あ~ちゃんは本来、ここに参加できない!」あ~ちゃん「上戸彩さんはグランプリじゃないのに天下を取った!w」「ぱふゅの私が今センターにいるw」

やっと長い長いMCが終わってデビュー曲の「リニアモーターガール」、自分はやっとこの曲を初めてライブで聴くことができた。呆然と不動で見入った。そして「ポリリズム」。

PTAのコーナーでは「メガネ!コンタクト!裸眼!」の後に「レーシック!」
前夜祭でのサバンナ高橋の箇所を再現。「意外とおる!」

そして「チョコレイト・ディスコ」「wonder2」でこのプレミアムなライブは終了~。あ~「こんな昔の曲をやって歓迎されたステージは初めて!」「みなさんのおかげで最高の気持ちになれた。ありがとう!」「ゆか、うれしい…(涙)。今まで本当にありがとう。これからもよろしく」

のっち「猛者たちの特別な夜、みなさんの愛を全身で感じた!ここに来れなかった人の思いも感じた」「スタッフのみんなも特別な思いになってると思う。ありがとう!」

あ~「こういう所でやりたいと言うことは、ワガママなことになる」「試験でって、どうゆうことになるんだろう?って思った」「でもみんな本気になってくれた」「O-WESTでやるのは長年のちょっとした願いだった」「ここでやった初心を思い出して、これから武道館へ行ける!」「スタッフさんありがとう!来てくれた人ありがとう!」

最後に出口で「サミット」に参加した証として「day1シール」をもらった。うーん、どこに貼ればいい?

なんか、ライブ自体は呆然と見入ってしまうものだった。3人がステキすぎたし。レア曲すぎたし。

P.T.A.サミット@TSUTAYA O-WEST 9月21日「夜の部」セットリスト
01.コンピュータードライビング
02.おいしいレシピ
03.スウィートドーナッツ
04.ファンデーション
05.カウンターアトラクション
06.彼氏募集中
  MC
07.リニアモーターガール
08.ポリリズム
  P.T.A.のコーナー
09.チョコレイト・ディスコ
10.wonder2

自分はしばらくこの想い出だけで生きていけそうだ。次のライブは武道館だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿