このブログの記事を検索

2015年7月27日月曜日

RIJF.特番にYUI「TOKYO」映像

いよいよ今年もROCK INJAPAN FES. 2015 まで1週間に迫った。土曜日の夜、「生放送!みんなのROCK IN JAPAN FES.~何度でも見たくなるライヴアクト30~」という番組が放送された。
この番組に1ヶ月ぐらい前から自分はちょっと注目していた。MCのホランと千葉と大東が、ロッキンの過去これまでの全出演アクトから視聴者リクエストで名場面名演を振り返るという企画。ひょっとすると、YUIも映るかも?
だが、30アクトにYUIが入るのは難しいんじゃないかと思いつつ、番組開始から見ていた。第1回の豪雨の中でのイエモン吉井、2001年のスーパーカー、2002年のナンバーガール、2004年のエルレガーデンの初登場、2009年の志村がいたフジファブリック、などの貴重な映像に混じって、数十秒のみだったが、YUIの映像もそこに流れた。

2005年、新設されたSound of Forestに初登場した18歳のYUI。放送された当時はMUSIC ON TVだったから、WOWOWさんでの放送はないのかな?と思っていた。誰かががんばってリクエストしてくれたのか?!
ま、すでに広く知られた「TOKYO」のライブ映像なので、ちょっと失望。だが、YUIのライブはすべてが今では伝説。ありがたく拝む。
できれば「Just my way」とか未公開なものがよかったけど、たぶん映像は残っていないんじゃないかな。何もYUIに関する話題がない中で過去の名場面が流れたので記事にしてみた。
この番組は日本のロック・フェスの歴史、過去の名シーン、渋谷陽一インタビュー、RHYMESTER宇多丸&テンフィートTAKUMAのフェス談義。ゲスト・POLYSICSの2015年への抱負という内容で構成された2時間番組だった。この15年の間に映像がどんどん高精細になっていったことが確認できた。2005年のYUI映像も4:3がオリジナル。

国内フェスはすべてが手探りで始まった。第1回フジロックが悪天候すぎて見る側にとってあまりに過酷だったことは書籍などで知っていたのだが、「寝るな!ここで寝ると死ぬぞ!」って、倒れた友を抱きかかえている惨状が目の前で展開していた…って渋谷陽一の話にはつい笑った。日本のフェスはじつに快適に進化していったんだなあ。

PS. YUI「FIND ME」のリリースも迫っている。ちゃんと全部見て感想を書くまでは数日かかると思う。

2 件のコメント:

  1. 映像観るとすごく緊張してる雰囲気ですね。あのフェスに18歳の少女が一人で立つというのはかなりのもんですよね~。
    といっても当時のYUIはロックフェスとかそんなに思い入れなかったのかな?
    今こそフェスにたくさん出て、ロックファンにアピールしてほしいのにうまくいかないもんですね・・。

    ROCK IN JAPANの第1回は行っていたんですが、その時はステージもひとつしかなくて、雨風でステージがぶっ潰れそうになって途中で中止と完全にカオスでした。エレカシの宮本のパフォーマンスが衝撃だったなあ。
    こんなビッグイベントになろうとは夢にも思いませんでしたね。

    返信削除
  2. 第1回ってすごい!レジェンド!!台風でトリ(中村一義)を前に打ち切りになったってことだけ聞いてた。

    このときのSound of Forest の客が画面に一切映らない。どのぐらいの客がいたのか?自分にとっては今もって謎。

    YUIがまたひたちなかに帰ってくる日がくるのかなぁ…。

    返信削除