このブログの記事を検索

2013年6月6日木曜日

Tommy heavenly6 のアルバムも手に入れた

Tommy2
Tommy february6 & Tommy airline の通常盤に加えて、DVDつきの豪華な装丁の縦型デジパック盤も買ってしまった。そして、Tommy heavenly6 も。結局短期間に苦労もなくだいたいのものはそろってしまった。もうこれで収集は一段落にしたい。

なんと、すべて同じ店で105円でそろっていた。安すぎる。この形状のCDは通常盤より人気がないらしい。中古の在庫もダブついているようだ。同じCDを2枚もあってもムダだなとは思ったが、特典DVDの充実ぶりがすごくて大満足。

自分は2000年代前半にJ-POPから離れていたためにトミーフェブラリーがこれほど盛り上がっていたとは知らなかった。
Tommyair
Tommy airline の凝った充実ぶりがすごい。開封すると航空会社さながらのノベルティ。グリーティングカード?やらトミーのパスポートやら。Tommy heavenly6 なんてまるで金塊のよう。

だが10年経って、買った多くの人がこうして二束三文で手放してる。諸行無常。
Tommy_blooming_2
初めて見るPVが多かった。どのPVも本人によるゆるい80年代アイドル歌謡ふう振り付けがついている。どれも楽しいものばかり。Bloomin'!では「不思議の国のアリス」になりきってる。

トミーこと川瀬智子、この当時28歳前後。ま、それほど美人だとも可愛いとも思わない。フツーにOLに見えるし、ドラマとかに出てくる少女漫画家みたいな雰囲気。今の高校生が見たら「誰、このオバサン?」って思わないか心配だ。

だが、ここで展開されている世界は一体?!おしゃれでカワイイを音楽に持ち込んだ。

Tommy february6 は10年早かった「きゃりーぱみゅぱみゅ」だった。今だったら「クール」「カワイイ」と国の支援で持ち上げられるだろう。アダルトなきゃりー。
Tommy_loveisforever_3
当時の自分にはぜんぜん見えていなかった。「EVERYDAY AT THE BUS STOP」で止まってた。
Love is forever からhevenlyもスタート。
このPVは「Wait till I can dream」と同時展開になってる。赤と白基調のおしゃれPV。
あいかわらずマイクを持つ右手の小指が立っている。
「EVERYDAY~」でも見られた謎のシーン、人目をはばかって急いでスキットルから何かを飲むシーンが少しだけ挿入されている。これ何だ?未だにわからない。

テキトーさと深読みしたくなる感じがのバランスがいい。
でも、このビジュアルと川瀬の歌唱が最大の魅力。
Tommyheavenly_5
Hey my friend のPV(笑)。某世界的有名女性シンガーそのまんま!そのシンガーも月の名前がついている。

この曲は深田恭子主演の「下妻物語」の主題歌だった!って思い出した。この映画は「牛久大仏」を知るきっかけになったので感慨ひとしお。もうそんな昔の曲だ……。
MaGic in youR Eyes にはニセハルカリみたいなダンサーも出てくる。見ていていろいろと面白い。

今年はなんとthe brilliant greenとしての川瀬 デビュー15周年だそうだ。自分はなんらこのバンドについて知るところがないが、ぜひライブにでも出かけたいものだ。

2 件のコメント:

  1. 川崎鶴見(有)2013年6月6日 18:13

    SECRET: 0
    PASS:
    ��UI様が休止して以来、私のブックオフでのメインは500円クラシックになりました。
    Tommyもあったら欲しいのですが、私の守備範囲では既に手に入れた250円のデジパックがせいぜいで、TommyのBESTなどは950円もします。105円なんて夢です。
    Tommyはタイアップありきの企画CDが作れるいい時代にいたのですね。
    そこそこ売れるけど、すごくは売れないからスポンサーは抱えやすい。
    アーティストのほうも、大HITを狙う色気がないから抱えられやすい。
    今は、同じタレントばかりが呆れるほど多数のCMに出る。使う側も使われる側も独自性など欠片もない。10年前はスポンサーもアーティストも余裕があったのでしょうね。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ほとんど聴いてなかったはずなのに、なんとなくサビを知ってる曲が多かったのはタイアップのせいかー。
    自分も500円クラシック買ってます。あまり掘り出し物ないけど。クラシックは記事にしてもほとんど誰も読まないからなぁw

    返信削除