このブログの記事を検索

2011年9月8日木曜日

oricon style 2006 1/23

Syui_oricon20060123 このオリスタを古本屋でたまたま見つけた。「TOKYO」リリース時期のインタビューページ。もう本当にきりがない。一体どこまで続けられるんだろう?次の世代へ正しくYUIを伝えていくという使命感だけが自分を駆り立てている。大事だと思うポイントのみ抜粋

臆病になることってある?

「ありますね。単純なことだったりするんですけど、〝これでいいのかな?〟とかジッと考えていたり、様子をみてることも多いです。」

自分の中でOKサインが出たら、進むんですか?

「いつの間にか抜け出てるころもありますけどね。〝やっぱり、これでよかったんだ〟とかね。」

考えてからGOまでの時間は、けっこう大事なんだ。

「そうですね。いろんなところを往復したりして、前に進む。東京に出てくるときもそうだったんですよね。そのうちにどんどん実感が湧いてきて〝あぁ、、これからなんだ〟って気持ちになりましたから。」

~一部省略~

東京に出てきて、コレが東京なんだと感じたシンボリックなものってありますか?

「オーディションとかで何度か東京に来て、羽田空港から乗ったモノレールはそんな感じだったかな?」

東京に来たことのない地元の友達を連れて行ってあげるとすれば、どこに行きますか?

「ライブハウス。・・・・・私が教えてあげられるのは、ライブハウスと楽器屋さんと本屋さんとか(笑)。そういうところしかないですね。」

あと、富士急ハイランドのFUJIYAMAに乗ったということも話題に。

「気を失いそうになりました(笑)。絶叫マシーンはもう乗れないかなぁ。けっこう懲りました。」

友人宅から車でサマソニへ行く途中、FUJIYAMAが見えた。ものすごい建造物だ。あれに乗る気はとてもじゃないが起こらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿