2017年7月24日月曜日

欅共和国2017 @富士急ハイランド コニファーフォレスト7月23日

快進撃を続ける欅坂46の富士急ハイランドコニファーフォレストでのライブコンサートへ出かけてきた。いつものライブ友と。

これ、行くつもりなかった。欅坂のコンサートチケットが当たらないというのもあるけど、先行申し込みが名前と顔写真の登録までも必要になっていて煩雑すぎるからw

だが、1週間前になってもSOLD OUTになってない?!って話を聞いたから。それホント?と調べてみたらマジだった。土日公演にもかかわらず富士急という都心から遠く離れた立地が敬遠されたっぽい。
友人にチケットを押さえてもらったら連番でリセールがあったので、すぐにそれを押さえたとのこと。
当日券も出てたっぽい。我々の周囲にいくつか空席があった。他人に譲渡できないチケットだと死券になる。良い席なのにもったいない。

途中何かハプニングがあるとマズイので友人の車で早めに出発した。開演3時間前に付いた。小雨のパラつく曇天で暑くなく、すごく涼しくてよかった。
時間が有り余って他にすることがなかったので、初めて物販に並んで「欅坂タオル」だけを購入した。坂道グループグッズを初めて手にれたw
ここ、小学生のころスケートに3,4回来たことがある。
座席はF11というブロックだった。周囲はみんな独りぼっち客が多かった。
一般発売チケットなのでどうせ良くない席なんだろう…と思っていた。だが、え?!花道にすっごく近い!

さあ、昨年末の幕張CDJ以来2回目の欅坂ライブ!初ワンマン。わくわく!

なんと今回のライブは気づいたら「欅共和国」となっていた。欅坂って衣装が軍服っぽいのが特徴なのだが、まるで革命フランス軍儀仗隊のようだった。
フラッグを使ったパフォーマンスに続いてOvertureでライブが始まった。

まさかの「サイレントマジョリティー 」「世界には愛しかない 」「二人セゾン」という欅坂代名詞のシングル曲3連発スタート。それは盛り上がるわ。
花道をずんずん行進してくるメンバーたち。5メートルほどの場所で平手と鈴本。うわぁ、ほぼ毎日のようにテレビやネットで見ている本物がすぐそこにいる。この興奮!

自然の中という環境での野外ライブが初めてという欅坂。夏の野外ならではの演出が目白押し。
ジェット風船を飛ばすのって、阪神ファンにはおなじみでも実は自分は初体験だったw
聴衆の上空をドローンが飛んでいた。この日のライブは映像収録されているとのこと。

あと、ステージ前での消防出初式水芸!w 
なんと、長濱ねるの水鉄砲機銃掃射を顔面に浴びた。長濱ねると自分の間に何か強い絆のようなものすら感じてしまったw

長濱ねる、ぜんぜんでぶじゃなかったぞ。可愛らしかった。
この日の長濱はずっと出ずっぱりの大忙し。ソロ曲で上手側の遠くの花道を歩いている姿が、オーディエンスの上を歩いているようで、まるでナウシカだったわ。
あと、「パルコ!パルコ!パルコ!」連呼の深紅パンツスーツ平手さんを近くで見れて感動。あぁ、この子はまだ16歳なのにホントにカリスマだ。すまん、ずっとお尻見てたわ。なんとハーレーの後部座席に乗ってセンターステージに登場。

フラッグ儀仗パフォでの革命軍欅連隊の青年将校・平手友梨奈大佐の若武者姿が、まるでドラクロワの絵のようだった。左手を高々と掲げるとそこには花火が打ち上げられた。
自由と反抗を標榜していながら、イメージがファッショ的になってしまうという、なんとも説明しずらい事態。ステージを見ていて、今野義雄はレニ・リーフェンシュタールなのかもしれない…とか考えていた。

渡邊理沙も近くに来たのでじっくり見れた。顔が紅潮してて美少女だった。
守屋茜もすぐそこにいたのでじっくり見た。守屋さんは自分が思ってた以上にガチムチ体型だった。「私の嫌いなこと、それは敗北」w
実は守屋さんが欅では初恋w 自分は17年長澤まさみが好きなように、初恋のチカラを信じている。ちょっとやそっとでは好きな人を変えないので、今後も守屋さんを推していきたい。だが、自分は全員を温かく見守りたい。実質箱推し。

「誰のことを一番 愛してる?」が自分的に驚きだった。この曲はまったく予想してなかったから。
「青空とMARRY」ユニット曲の「青空が違う」「割れたスマホ」や、「制服と太陽」「僕たちの戦争」とかお気に入りの曲が初めて聴けたのが嬉しかった。

「ひらがなけやき」は佐々木久美がMCを仕切ってた。みんな初野外コンサートを喜んでたのに、齊藤京子だけが自然が苦手ということで総ツッコミw 「草むらが嫌」
きょんこは大抵第一声が「え、なんかぁー」だなw 高めの声で大声を出すということだったのに、フツーにいつもの齊藤ボイスでスベってたw

「エキセントリック」「不協和音」には圧倒された。ねるの「僕は嫌だ!」が強く響いた。いや~、何もかもが新鮮で驚いたし楽しかった。
坂道のCDはどれもキックとベースが弱いのだが、野外でデカいスピーカーだとぶいぶい音圧が挙がってて大満足だった。

予期せずにダブルアンコール「危なっかしい計画」があった。実は、まだ1stアルバム買ってないので知らない曲だったのだが、なにこれ、タオル回し?楽しい!
欅坂46 富士急ハイランドコニファーフォレスト7月24日セットリスト
Overture
01 サイレントマジョリティー
02 世界には愛しかない
03 二人セゾン
MC
04 青空が違う
05 僕たちの戦争
06 渋谷からPARCOが消えた日
07 ひらがなけやき
MC
08 僕たちは付き合っている
09 大人は信じてくれない
10 エキセントリック
MC
11 また会ってください
12 制服と太陽
13 微笑みが悲しい
14 割れたスマホ
15 語るなら未来を…
16 誰よりも高く跳べ!
17 手を繋いで帰ろうか
アンコール1
01 誰のことを一番 愛してる?
02 不協和音
03 W-KEYAKIZAKAの詩
アンコール2
01 危なっかしい計画
欅坂ワンマン初の自分にとっては神セトリだった!w
ほんとにみんなかっこいい。清楚で美しい少女たちだった。感動で泣いた。
1stアルバムを引っ提げてのアリーナツアーも行きたくなったけど、チケットないので行けない。ひょっとするとこれが最後の欅ライブだったかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿