このブログの記事を検索

2017年3月5日日曜日

森川葵 「おんなのこきらい」(2015)

A-studio8代目アシスタント森川葵がSEVENTEENモデル時代に主演した「おんなのこきらい」という映画がDVDになっているので見てみた。

森川は橋本愛と同じ年。2010年に三吉彩花、北山詩織と同期でSEVENTEENモデルになっている。ちなみに女優の黒島結菜は森川がデビューしたころから森川のファンなんだそうだ。
自分がかわいいことを知り尽くしたOLを森川が演じてるのだが、体型が華奢で子供!と思った。

カワイイ私、カワイイものに囲まれて、カワイイを武器に仕事をする。取引先の男性は大きな瞳ウルウルで見つめて「ダメですか…」。
顔と表情で仕事する女!w それでなんとかなるけど、こんな部下を持つそれほどかわいくない女は仕事しにくいw

だが、周囲はお見通しの人も多い。女性たちはみんな敵。好きなバーテン男もカワイイ自分でなく、「私って押しに弱くて…」というバイトのヤリ〇ン女の元へ…。

自分の本性を見抜くアクセサリー職人の男に、いつもの自分が通用せずイライラ。このへんの見つめ攻撃がかわいい!w

可愛いけど2連続振られて感情露わにする、めんどくさい美少女。カワイイ怪物。
会社休んで昼間から公園のベンチで酒を飲む森川のシーンがいいな。

髪を切って部屋でゲーゲー吐いてる森川とアクセサリー職人男とのシーンが長回し。
何の予備知識もなく見てた自分は、体調悪いんだ…、って思ってたら拒食症という設定だったw

アクセサリー職人に優しくされただけで好きになる。ヤった職場の男と付き合ってる女を呼び出し、「幸せになってね」と余裕を見せ、ウキウキルンルンで鍋の材料を買って家に押し掛けると、やっぱり別の女がいるのかい!カワイイ子がフラれるアイドル映画っていいw
この映画、ぜったい監督脚本は女だろうと思ってたらやっぱり20代半ばの女性監督。
都市型女子の失恋、そして強くなる私…って、音楽MVっぽいおしゃれ映画。

カワイイは毒。カワイイは女子を救わない…というテーマか?
これ、80分と短いので最後まで見ていられる。カワイイとチョイブス、どっちとも判断つかない感じがとても良い。森川が可愛く撮れてるので自分は楽しく見れたw

実際、森川は映画にドラマに人気のスターダスト期待の若手アイドル女優。森川の確かな演技が見て取れる。眼と眉を使った顔芸は男女とも見るものを不快にさせるほどw

DVDジャケットはあまりこの映画の雰囲気を伝えていない。
PS. 森川は6月3日から公開の「花戦さ」に出演している。こちらもなかなか目立ってる魅力的な役っぽい。売れてきてるな。
でも、戦国時代にこんなヘアスタイルの娘はいないだろ。

0 件のコメント:

コメントを投稿