2016年11月15日火曜日

黒瀬真奈美 「オモイデ星 / 笑って」(2008)

2008年8月にリリースされた黒瀬真奈美 「オモイデ星|笑って」(UNIVERSAL)がそこに50円(TSUTAYAレンタル落ち)であったので救出した。

黒瀬真奈美って誰?2006年の第6回東宝シンデレラ。
この名前を覚えている人はおそらく長澤まさみのファンだった人に限られるかもしれない。
長澤まさみ主演の「ラフ」(2006)でデビューした期待の若手女優だったのだが、2010年に学業専念を理由に休業…と言う名の引退。

東宝芸能の東宝シンデレラって長澤まさみ、山崎紘菜、上白石萌音ぐらいしか現在活動している人を知らない。黒瀬と同期の審査員特別賞・増元裕子も2012年に引退。
たまに思い出したように開催されてるけど、大成功はいまのところ長澤まさみしかいない。まさみは今でも唯一人のシンデレラ…。
黒瀬真奈美、シンデレラと呼ぶにふさわしいキレイな子だったんだがな。どこかまさみに似ていた。
「隠し砦の三悪人」ではまさみの身代わりになる哀れな侍女役だったのが印象に残っている。
でも、それだけ。どんな声をしていたのかも思い出せない。
現在24歳になっているはずだが、引退後の消息が不明。

で、歌手としてアルバムも出していたって知ったの最近。歌手活動は本人が望んだことだったんだろうか?
この「オモイデ星」という曲、今回調べてみたらなんと佐藤竹善のプロデュース!えぇっ!?知らなかった~。まったく聴いた記憶もない。

おしゃれポップ。当時16歳にしては歌声がわりとオトナっぽい。松たか子っぽいw 「笑って」「ジャスミン」という曲も収録。数回聴いても印象に残らない…。

PS. 5年ぶり開催の第8回のシンデレラオーディションのグランプリが発表された。え?まさみは同席しないのかよ。
黒瀬が応募した第6回(2006年)の東宝シンデレラオーディション告知ビジュアルの長澤まさみが天使すぎてつらい。
これほど大規模にやって最高の原石を拾い上げておきながら、スターにさせられないとすれば、やはり東宝の審査委員と運営と現場に問題があるとしか思えない。
上白石姉妹、山崎紘菜、浜辺美波らが応募した第7回(2011)の東宝シンデレラオーディション告知ビジュアルの長澤まさみ。
まさみがもっとも痩せていた頃からやや戻しつつある時期ではないか。
まさみほどスタイルがいい子ってなかなかいない。ビジュアル的にこれほど完璧な美女を他に知らない。

0 件のコメント:

コメントを投稿