このブログの記事を検索

2016年10月15日土曜日

別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.03 を読んだ

10月3日に別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.03が出たので、すぐに買い求めた。
もう誰が見たって乃木坂の時代が来ていることは明らか。日々膨大な量の出版物が出ている。それだけ多くの人が関心を持ってる。乃木坂には深読みしたくなる何か、人に教えたくなる驚きが尽きない。

ひと晩で読んだ。
表紙巻頭は西野七瀬伊藤万理華
自分はスカジャンの女の子に弱いw 乃木坂のエース西野は時代の最先端を行く美少女だな。
フォルクローレ西野のグラビアは今まで見たことのないタイプの西野だった。これは良いグラビア。

神宮3DAYSでソロ曲が5曲もあった西野、歌ってる最中に「全然歌えてない」と心が折れかけたんだそうだ。

伊藤万理華は4作続いた選抜入りから15thで漏れた。いろいろ悩みつつも「最近明るくなった」ってよく言われるという。

卓球の丹波、テニスの西岡、スポーツ界の乃木オタにもインタビュー。乃木オタは今どこにでもいるな。
俳優の手塚とおるは「バレッタ」のころから乃木坂ファンの女の子からも声をかけられるようになったとかw

衛藤美彩の北野、渡辺の対談はそれほど人に教えたくなるようなことはないが、衛藤はいつかソロ曲を歌うのが夢。
以前の衛藤は顔がふっくらしていたけど、母親から20歳を過ぎたらほっぺたの肉は落ちると言われていた。その通りになってる!衛藤は夏場は自然と痩せるんだそうだ。

巻末の樋口日奈インタビューでは大学進学を諦め乃木坂に専念した苦悩が語られる。えぇ、知らなかった。

鈴木絢音も乃木坂加入当初は秋田から仕事のために東京へ通っていた。やがて自分だけが取り残されていることに気づいて苦悩する…という1期生と同じ道を歩む。
鈴木はこの夏のツアーでオーディションを受けた理由を「人生にリスクと刺激がほしくて応募した」と答えたことには多くの人を驚かせた。

飛行機代好き鈴木絢音の連載を読んでいて、鈴木は理系っぽい思考をするなと思った。「軽量化したとはいえ飛行機を4輪の主脚で支えていることに無理はないの?」とか「飛行機のタイヤにもスタッドレスはある?」などの質問を専門家にしているのに驚いた。

このイシューで一番読み応えがあった特集が舞台女優乃木坂のページ。
1期メンバー全員にトラウマを残した「16人のプリンシパル」以後のすべての舞台を完全網羅解説。演出家へのインタビューが読み応えあった。
PS.カドカワを手に入れる2ヶ月ほど前にこいつを発見した。weeklyプレイボーイ増刊号 まるごと一冊乃木坂46増刊(2015年10月増刊)。これ、初めて見た。250円でゲット。

出演したテレビ番組やラジオ、有料コンテンツなど乃木坂に関する情報チャンネルが多すぎて、自分はとてもすべてを追えないので、こういったイシューはありがたい。

これ、グラビアのクオリティーがすごく高い!グッド!「欅坂46 はじめまして名鑑」つき!

インタビューページでは中田花奈が印象に残る。
「4枚目で初めて落ちたときは絶望した」「楽屋で号泣」「自暴自棄」、つらくて読んでいられない…。

寺田、堀、北野の2期生と今野氏の対談ページも興味深い。
北野が「別れ際、もっと好きになる」で初めてフロントに立った件で「急に言われた。どうして?」との質問に対して、今野「昔、サッカーの代表戦で絶好球をシュートして外して『急にボールが来たから』っていい訳した選手がいた」って言っててw

日本サッカー史上最高の迷言「急にボールが来たから」は、日々精進しチャンスを狙うアイドルたちにとっても戒めの言葉w

作曲家・杉山勝彦氏のインタビューも掲載。この人、若くしてすでに巨匠。

「乃木どこ」「乃木中」の構成作家3人の対談も面白すぎた。
(白石が「西野が私には抱きついてくれない」というエピソードを話したとき、バナナマンから「今抱きついてみればいい」と言われた西野、「できません…」と泣き出したとき、)「俺は今、何を見せられているんだ?」と(笑)。女子高の休み時間の会話をのぞき見しているみたいな感じというか、テレビの方程式じゃないところに触れる感じがして名場面だったと思います。」
2013年ごろの「乃木どこ」の面白さは伝説。今年の初春ごろから乃木オタの自分もそこからハマった。乃木坂初期のフェイクドキュメンタリーの傑作「日村嫌いスリー」 はちゃんと台本があった?

「とにかくスベらない橋本」とか、「堀の魅力は言語化しずらい」とか、「川後と井上はアンケートで面白いけど、いかんせん本番に弱くて(笑)」とかw

乃木坂の面白さは放送作家、構成作家たちにとっても熱く語りたくなるものらしい。現在放送中の「乃木中」がそれほど面白くなってないのが惜しい。

CSとかで「乃木どこ」全ての回を一挙放送とかやってくれないかなあ。伝説級に面白い番組だと思ってる。

PS. 10月2日に乃木坂から西野、生駒、白石の3人だけが日本テレビ系老舗トーク番組「おしゃれイズム」に出演。乃木オタなら誰しもがすでに知ってる話題に終始したのだが、なぜか西野のポンコツぶりがフィーチャーされてしまった。「おとしやか」発言には汗w

0 件のコメント:

コメントを投稿