このブログの記事を検索

2016年3月17日木曜日

ソ連製ステレオカメラ СПУТНИК スプートニクで撮る(2015)

数年ぶりにソ連製ステレオカメラ・スプートニクСПУТНИКにフィルムを詰めて、昨年の夏に方々へと連れて行った写真があるのでまとめてみた。
これ、知らない人がみると驚かれるかもしれないが、ブローニーフィルムを使用する三眼レフ・ステレオカメラ。今ではコンデジ2台をつなげて同時に撮影すればステレオ写真はとれるので、ある意味骨董的な道具。

自分は2006年の夏に富山→ウラジオストク→モスクワへとシベリア鉄道の旅へ大学時代の友達と2人で出かけたことがある。信じられないかもしれないが本当だ。もう2度とそんなことできないわw 以後海外へ行きたいなんて思ったこと一度もないわw
モスクワのヴェルニサージュ(蚤の市)で露天商から6000ルーブル(2万円ちょっと)で購入。当時の自分はこんなヘンテコなものを欲しがる性分だったのだ。

友人が言うには高い!ということだったけど、値切り交渉とかする気がおこらなかった。
それに、このロシア人のオヤジとその家族がその日に豪勢な食事にありつけるのなら、子どもの教育費になるのならそれはそれでかまわないではないか。カメラ本体と備品が付いていたのだが、備品はどこかへ部屋の奥底に沈んだまま何年も見ていない。これがロシアで買った唯一の高価(?)なもの。

当時のロシアはチェチェン紛争を抱えていてモスクワ・ドモジェドヴォ空港は厳戒態勢だった。重たいのに苦労して日本へ持ち帰ったものだったのだが、以後それほど使ってない。たぶん4、5回しかフィルムを入れたことがない。もったいない。
というわけで今回、ジャンクで購入した7年期限切れTMAX100を使用した。ブローニー120ロールで6回しか撮影できないという大変にコスパの悪いカメラ。以下作例。
2枚の写真を3枚に見えるように焦点を調節しながら眺めていると、真ん中の像が立体に見えるはずだ。(クリックで拡大)
江ノ島
江ノ島
多摩地方の某酒蔵

というような、たまに撮影すると面白い大人の遊び。ステレオカメラはたまに中古カメラ店でも見かける。スプートニクよりもはるかに手軽で安価なものがあるので、そちらをおすすめする。スプートニクはとにかくピントが合わせづらいし、巻上げが固いし、使いづらいし重い。

3 件のコメント:

  1. つい先日、FUJIFILMのX30を買いました!!
    色々悩んだけど、デザインが自分好みで…
    店員さんにも色々説明聞いたけど、素人のあたしには難しいこと言われても理解できなくて。笑
    Wi-Fiで携帯に飛ばせるし、他のXシリーズと比べても安かったので( ¨̮ )

    返信削除
  2. やっぱ最初はデジカメが正解。写真はすごく奥深い趣味なので今後数年間は飽きずに使い倒してやってほしい。

    返信削除
  3. 来週の休みに桜を撮りに行こうと思っています( ¨̮ )
    ただでさえ家にじっとしていられない性格なのに、カメラなんて手にしたらますます行動力が上がるんだろうなぁって思ってます♪
    色々教えてくださってありがとうございました!!

    返信削除