このブログの記事を検索

2016年3月6日日曜日

高月彩良 「人狼ゲーム クレイジーフォックス」(2015)

乃木坂46時間TVで「人狼ゲーム」を見て興味を持っていたタイミングでこの映画と出あったので見てみた。高月彩良主演の「人狼ゲーム クレイジーフォックス」だ。

「人狼」の映像化作品を見て楽しいの?と疑問を持ちつつ見始める。

高月彩良がまどろみから目覚めると、そこには誘拐されてきた高校生たち。
有無を言わさず生死を賭けた人狼ゲームに強制参加…という不条理劇。アクションのないバトルロワイヤルみたいなもん。

この映画ではヒロイン高月彩良の正体が見ている側には明かされる。つまり、視聴者側はプレーヤー高月目線でこのゲームに参加することになる。
ほどなく人狼3名のうち2名のみが明かされる。1人は最後のほうになって判明…するのだが、だから何?って感じ。

人狼というゲームに自分は疑問を持っている。プレーヤーが多くてゲームとしてどう行動するのが最良なのかがわからない。挙動不審にならないように演技することがすべて?
ゲームを進めていくうちにプレーヤーの投票行動を見ることが重要に思える。ということはメモ書きしながらゲームをする必要があるな。
村人が不利すぎないか?狐を残しても負けになるし。
数学者たちの意見を聞きたい。ゲームとしてナッシュ均衡のようなものが存在するのか?必勝法や戦略があるのかも知りたい。

最初の投票が目立つと不利なら、全員が押し黙ったままだとどうなる?最初にはじき出されるのって運不運に左右されるよね?そんなことで殺されるって…。人狼って団体戦じゃないの?
首輪に装置がついていて、主催者側の遠隔操作で殺される。酷すぎる。
それに、この装置がなんらリアルを感じない。

作り手としては、生死が懸かった極限状況をそれらしく緊張感を持って見せれるかが腕の見せ所かもしれないけど、見ている側はゲームが複雑すぎてよくわからない。ライアーゲームみたいに解説が必要。
それぞれがバラバラに疑心暗鬼に行動し、人を説得して多くの仲間を集める。こんなの現実世界を生き抜く現代人の置かれてる資本主義経済そのものじゃん。

ドラマには入り込めなかった。見ていてそれほど楽しくないし興奮もない。ヒロインの正体がわかっている以上、結末は見えている。
最後まで見て特に良かったこともない。自分はおすすめしない。
乃木坂人狼を見ているほうが100倍楽しかった。
だが、高月彩良がまだ若いのに美しすぎて辛い。見るたびに胸がしめつけられるように痛くて本当に辛い。高月が好きな人には薦めてもいい。

美人過ぎて役に困るタイプの女優かもしれないが、こんなC級作品に出てもいいことはないと思う。自分は評価しない。
B級アイドルグループをやってたりするのももったいない。早く大ブレイクしてほしい。

高月彩良ちゃんは現実世界でもよく一目ぼれをするそうだ。やれやれ…、困った子だ。

2 件のコメント:

  1. 深夜TVで芸人を集めてゲーム形式で観たのが一番面白かった。
    市民なのに何を言っても全然信じてもらえない狩野英孝とか、勘違い発言ばかりしているのに説得力だけはあるロンブー淳とか。キャラ次第で有り得ない展開に変わるのがスリリング。

    夜中になるとあっさり退場させられるルールが、映画では人狼役が「強い」わけではないので、退場=凄惨な殺し場面になるので正直無理があります。
    ブローガーさんの見たやつの第一作『人狼ゲーム』(桜庭ななみ主演)と第二作『人狼ゲーム BEAST SIDE』(土屋太鳳主演)を観ています。『人狼ゲーム』はほとんど印象がありません。『BEAST SIDE』はヒロインの性格がユニークなのと、土屋太鳳以外は殆ど無名の役者乍ら、それぞれ力演して、室内劇として110分を飽きさせなかった。土屋太鳳にはオーラがありました。
    日記を見ると『マジすか学園3』も同じ日に観始めていたのですが、今にして思えば若干『人狼ゲーム』の要素が取り入れられていたような気がしています。

    返信削除
  2. 実は土屋太鳳とどっちを先に見ようか迷った末に高月版を手にとってしまった。見終わったあとテンション下がって土屋版見るのよしておこうって思ってた。

    役者のギラギラした演技を見るためって割り切ればもっと楽しく見れるかも。人狼って自分は名前しか知らなかったけど、そんなに流行ったゲームだったんだ…。

    返信削除