このブログの記事を検索

2015年11月6日金曜日

北乃きい 「上京ものがたり」(2013)

西原理恵子の自伝を北乃きい主演で映画化した「上京ものがたり」を見てみる。スカイツリーや多摩モノレールが映ってるので現代を舞台にして撮ってる。

お姉さんになっても綺麗になれなかった私、きっと何か自分にしかない才能があるはずだと上京して美大へ通う。居酒屋バイトで稼いだ金を家賃、光熱費など個別の封筒に分けて入れておく几帳面な女の子。

大学でゴミをあさっていると「貧乏でしょ?」と、「時給のいい仕事」を紹介されてキャバクラへ。まったく働こうとしないヒモ彼氏・池松壮亮と出会う。「金貸して!」そしてひたすら社会の最底辺の人々。

先輩ホステス瀬戸朝香にイラストをほめられる。「最下位には最下位の闘い方がある」とアドバイスされる。イラストを描いて食べさせてくれるならどこでもいいと各社へ持ち込み営業。エロ記事にヘタウマイラストを書く仕事をもらう。だんだんと道が開けてくる。そして青年コミック誌連載へ。

池松の元カノ役で木村文乃がチョイ出演。この人はいつもオトナな目と表情をしてる。すっごく可愛い。

東京でひどい現実と社会から処世術を学んでいくヒロイン。市川準映画のヒロインのようだったな。爽やかな映画だった。

北乃きい、世間の評価がどうなのか知らないけど、天才だなって思う。自然で引き込まれるいい表情をする。なんか、もう少女という感じじゃなくなってるな。男は少女を変えるんだな…。

映画の中にアントニオ・ロペス・ガルシアの画集が出てくる。あ、これYUIが絵画展見に行ってたんだった、って思い出した。「マルメロの陽光」というビクトル・エリセ監督によるこの画家のドキュメンタリー映画がある。ずっと観たいと思っているのだがまだ観れていない。

YUIがこの絵画展を見に行ったというダイアリーが検索しても見当たらない。消えてしまった?

2 件のコメント:

  1. 日記これですかね。
    http://6109.jp/FLOWERFLOWER/?year=20130605

    ちょうど昨日電車で2013年のダイヤリー読んでたんですよ。PC版は過去の分が探しづらい。
    フラフラ、2013年は結構活発に活動してたんですよね。その頃は全然知らなかったな。

    そういえばキーボードの村山潤が最近エレファントカシマシのプロデュースをしたようです。エレカシの宮本がインタビューでこの人の才能をかなり評価してましたよ。
    FLOWER FLOWERでもサウンドの要っぽかったし今後大物になるのかも。

    返信削除
  2. うお!探したのにぜんぜん見つからなかった!
    2013年の春がいちばん話題騒然だった時期だな。それが今では信じられないぐらいに何も話題がない…。
    むらじゅんツイ見ててエレカシの件は驚いた!蔦谷好位置みたいになっていくのかも。

    返信削除