このブログの記事を検索

2015年9月17日木曜日

青梅線河辺駅前温泉

青梅線に河辺駅という駅がある。青梅市河辺町は羽村の工場や立川あたりに勤めに出る人々のマンションが立ち並ぶ町。
河辺駅前徒歩1分の商業ビルの5,6階に河辺温泉梅の湯がある。
ここ、奥多摩や御岳山の登山の帰りに利用する人の多いわりとよく知られた温泉入浴施設。

関東地方を大雨が襲った平日の午前中に一人で初めて行ってみた。横殴りの雨で傘が意味をなさないけど、駅から空中歩道で1分。ビルのエレベーターで5階の受付へ。

下駄箱に靴を入れ、料金860円を払って6階の浴場へ。自分がたどり着いたとき10時30分ごろだったと思うけど、予想以上に人がいた。20~30人はいたかも。

自分はそれほど温泉に行ってるわけじゃないけど、この温泉の湯がアルカリ単純泉PH9.4ということで、入った瞬間から「?!」ってなるぐらいサラッサラでスベスベのお湯。

で、駅前温泉って初体験だったんだけど、面白すぎた。

源泉循環式の本浴槽、寝転び湯…、温泉ってこんなに気持ちいいんだ。

で、屋上に日本庭園っぽく露天風呂がある。檜湯、井桁湯、岩風呂、すべて順々に入った。

この日は土砂降りの大雨。自分以外にそれほど露天風呂に入ろうなんて人はいなくて、ほぼ独占。ちなみに露天風呂は井戸水をくみ上げたもの。

全裸で雨に打たれるってそんなに経験できないので、思う存分雨に打たれた。修験者みたいに、座禅組んだりとかしてると、そこに「失礼しま~す」と50歳ぐらいのおばさんが湯温を計測に来たりしたw

海軍の戦艦乗組員たちは南洋へでると風呂に入れないので、スコールが来ると手ぬぐいと石鹸を持って全裸で甲板に出ることを命じられるって読んだことある。こういうことなんだな。でも、お湯がそこにあるから寒くない。

結局、楽しくてつい4時間ぐらいいた。この夏の角質がぜんぶ落ちまくって肌スベスベ。駅前温泉って楽しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿