このブログの記事を検索

2015年8月14日金曜日

桐谷美玲 「吉祥天女」(2006)

今年は桐谷美玲もデビュー10周年だったらしい。2006年4月にテレ朝「土曜ミッドナイトドラマ」で放送された連続ドラマ「吉祥天女」全10話をついに見ることにした。吉田秋生の原作を岩田さゆり主演でドラマ化したもの。

放送当時に録画したものを9年の歳月を経てようやく見る。5年ぐらい前に第7話ぐらいまで見たのだが途中で挫折していた。このドラマはどうやらDVD化されたことがないっぽい。
なんと、このドラマのロケ地も旧三崎高校だ。
実はこのドラマは「千葉県一かわいい女子高生・桐谷美玲」の初めての連ドラ出演作。ヒロインの正体を何も知らない男性恐怖症の友人役。

高校1年から2年になる春に撮影されたので当時17歳だ。なんとセブンティーンモデルになる以前の仕事。というわけで桐谷目当てで見るのだが、桐谷は脇役にすぎない。

主演の岩田さゆりは桐谷よりもさらに若い。妖艶でクールな小夜子役はミスキャストではなかったか。
小夜子の身の回りの世話をする作務衣の男がキモい。完全に笑かす気だろ。
第一夜「天女降臨」 保健室で「お腹痛ったぁ…い」とベッドに座ってる桐谷。するとドアを開けて「職員室どこかしら?」とずぶ濡れの岩田が現れる。

まあとにかく桐谷が細くてはかなく初々しい。第1話から目立ってるぞ。
叶小夜子(岩田)はミステリアスな転校生。妖艶な魅力でたちまち男子生徒たちを虜。不良も先生も手玉に取る。「男ってホントどうしようもない生き物ね(フフフ)」

とにかく登場人物たちの演技が大げさで、台本も演出もわざとらしくて行動が唐突でいろいろセンスが古くて安っすいドラマ。つっこみどころ満載。

第二夜「夜桜」 叶小夜子は天女の羽衣伝説の神社の神職の家系の娘。遠野家との政略結婚のために長野から呼び戻された。
資産家叶家の土地を狙っている遠野建設の不良息子遠野暁と、両親を亡くし遠野家に引き取られた遠野涼、ふたりの男も手玉。

「オマエは俺が自由にしていい女なんだよ!」という暁を徹底的に無視プレイ。「私はすべてのことに腹が立っているの。呪ってさえいる。」、担任の先生が「卑しい」ということで自殺に追い込む。「だって天罰ですもの」

第2話は桐谷の出番がほとんどない。
第三夜「耳なし芳一」 暁は自分をコケにした小夜子へ刺客の不良たちを放つ。「あなたたち男は女が相手だとそういうことしか思いつかないの?」

やられてるフリしてナイフを奪いとる。不良をワナにかけて耳をそぎ落とす…。「うあぁぁ~」「女は血なんか怖くないのよ。だって毎月血を流すんですもの。」
第四夜「死者を送る花」 ますます暁は陰湿にエスカレート。誘拐拉致監禁してビデオ撮影を計画。完全にヤクザ。高校生のすることじゃない。
念入りにおびき出して仕返しをしようとするのだが…。間一髪で涼に助けられるが、今度は涼がピンチも小夜子が救う。「私にはわかる。男たちがどんな目で私を見ているか。」

第3話で耳を切り落とした男も「見苦しい」と直接は手を下さず最後のトドメ。
第五夜「出生の秘密」 小夜子の祖父・叶泰三が亡くなる。「お前が生まれてきたことには意味がある」と言い残す。叶家を継ぐ証の「羽衣」を渡す。小夜子の肩の六芒星のアザの意味とは?

学園で相次ぐ不審死に鈍感なふたりの女友だちも小夜子を疑いだす。
小夜子の父親と不倫関係の未亡人浮子との会話から自分が父と母の娘でないことを知る。浮子役の北川弘美がエロくて可愛い。

縁談がまとまる前に小夜子を犯そうとするエロじじい。「チャンスが来たー」とばかりにニヤッと笑う小夜子。庭におびき出してそこに落雷…。は?なんで?それは偶然が起こらないかぎりありえないだろ。
とうわけで第5話まで見て岩田さゆりって可愛いじゃないかと思った。このドラマはあくまで岩田が主演だ。桐谷の出番は1話につき3分から5分。
第6話以降につづく…はずだったのだが、第6話から最終話まで焼いたDVD-Rが読み取れなくなってた…orz ドライブがギコギコとサーチを繰り返すのみでディスクを認識してくれない。

Disc1は台湾製でまったく問題なく再生できたのに、Disc2のソニー製DVD-Rがまったくの食わせ物だった。くそう…、ソニーはもう2度と使わない。5年ぐらい前には普通に見れたんだが。

別のドライブだと一部分のみ視聴可能だった。最終話に向けて桐谷は恋のエピソードや男性恐怖症の克服など次第に出番が増えて目だってきているようだ。夏服になってる。

桐谷の人気がだんだんと高まって台本が増やされたのかもしれない。表情をアップで抜いたカットが新人にしては多い。桐谷はデビュー作から只者でないと製作側から見抜かれたんだろう。

演技はとにかくギクシャクしてぎこちないが初々しい地味な桐谷が貴重。DVD化を希望。
PS. 動画サイトに桐谷が文化放送でやってたラジオ番組がUPされているので折を見て聴いたりする。番組コーナーで「胸がキュンキュンするようなエピソード」を募集しているのに、男性リスナーたちが自身の「ムラムラした話」しか書き込んでこないことに「おこ」な美玲さんに笑ってしまった。桐谷、男の考えることがよくわかってる。

PS. 2017年1月10日追記

このドラマ、1年4か月後にhuluで見れることが判明。DVD-R虫食い状態で見れなかった分も含めて全10話を完走。

叶小夜子、あれだけ大それた殺人事件を犯しておいて、桐谷ら友人たちの前からしれっと爽やかに立ち去っとん?あの執事みたいなキモ男もなに当然みたいな顔しとん?

2 件のコメント:

  1. この頃から口の形が素晴らしいですね!

    返信削除
  2. やっぱそこなんだ。自分は体型に目がいくなぁ。

    返信削除