このブログの記事を検索

2014年12月27日土曜日

女子ーズ(2014)

これは「勇者ヨシヒコ」を5人の女優で置き換えた的な映画だな。冒頭からくだらなすぎて圧倒される。てか、ふざけすぎだろこれ。

地球征服を企む悪の組織と戦うという非日常に繰り返される日常リアルに焦点を当てる小劇団コント。日本でしか作れない映画。あー、はいはい、この空気ね。

最初の登場シーンからいかなる瞬間も桐谷美玲の顔がまさに昭和マンガみたいで面白くて愛おしい。体型もユニークすぎて愛おしい。困った顔が愛おしい。気が強そうな感じも愛おしい。怒られたい。

最年長の藤井美菜、ギャル役が似合わない。この子はリアルに慶大卒のお嬢様。

戦闘シーンはなぜ山の中の採石場なのか?疑問にもさらりと答えるなど戦隊パロディになっている。チョイ役で出てくるムロツヨシのウザ芸は異常。佐藤二朗の執拗なワンパターン芸もくどくてしつこすぎ。歩行者数計測バイトのシーンを長回しでまるまる見せるシーンは狂気だと思った。正月に酒飲みながらみんなで突っ込みながら見るには楽しいだろうと思う。

とにかく徹底的にくだらないが、主演した女優たちは芸の幅を大きく広げたのではないかと思う。桐谷の可愛さがさらに進化してる。

2 件のコメント:

  1. 女子ーズ(仮)って・・・・WWW

    「変態仮面」も「ヨシヒコ」もぬるくてよかったが、これもなかなか。
    高畑可愛い。有村可愛い。藤井と山本、色かぶってるし印象もかぶって、損な役回りかも。
    やはりこの映画に関しては桐谷が最高です。しかもあのコスチュームだとガリガリが目立たないし、強めの声もいい。
    福田監督は最初の「大洗にも星はふるなり」が最高だと思うが、あれからどんどんゆるゆるになっていくな。

    返信削除
  2. 「かっこかり」って、自分がブログ始めたころも周囲で流行ってた。まさみのラジオも「かっこかり」が付いていた。高畑の真顔ツッコミはいいと思った。有村はひたすら可愛いばかりで役不足だと思った。演出家への捨て台詞なければ居たことも忘れたかもしれない。桐谷、最近すごくいい。一説ではフェリス7年生だというけど。

    返信削除