2018年4月5日木曜日

玉城ティナ「ドラマ わたしに××しなさい!Missions of Love」

「賭けグルイ」の次に同枠で3月28日から始まったのが玉城ティナ主演の「わたしに××しなさい!」だ。
このドラマは6月公開の同名映画のエピソードゼロ的な、映画公開までに盛り上げていこうというプロモーション的な深夜ドラマ。
ウェブ小説作家JKが恋愛妄想シミュレーションゲームアプリをプレイ。ひたすらツッコミを入れたり焦ったり興奮したりする。ヒロイン以外のイケメン男子は妄想シーンのみに登場。本人1人だけで完結してる15分ドラマ。

いや、これドラマといえるのか?すべて夢オチというドラマもなくはない。「逃げ恥」もそんな妄想だけのドラマだったかもしれない。(見てないけど)
NOGIBINGO!の妄想リクエストとやってることは同じかもしれない。女子たちがキャーキャー騒ぐためのコンテンツ。
玉城ティナという人は自分的には齋藤飛鳥と同じジャンルだと思っている。画面に居るだけで画に緊張感を持たせる。そんな目をしている。
ちょっと気になったのが女子の妄想を実現するアプリに身近な存在の男子を登録するのだが、設定が身長180cmで統一されていること。女子にとって理想的な身長中間値が180ってこと?
あと、今のおしゃれ男子高校生たちはみんな韓国アイドルっぽく見える。ついていけない。
ちょっと意識してるイケメン男子と一緒に誤ってプールに転落するとか、そんなのマンガでしかないだろ!って状況を映像化。上半身裸の男子と狭いロッカー内で密着という状況に追い込まれるとか、画の刺激が強すぎる。
玉城ティナ(20)というモデル女優が若い男子たちの間でどのぐらい人気なのか?自分にはまったくわからないが、相当にヤヴァイと思ってる。

たぶんこの映画は女子しか見に行かないと思われる。男が独りで行くことはまず無理なのではないか?男は玉城をどう応援していいのかわからない…。

0 件のコメント:

コメントを投稿