このブログの記事を検索

2017年6月30日金曜日

長澤まさみ「告白は1回しかしたことがない」

長澤まさみ30歳記念月間なのでもうひとつまさみ

長澤まさみは自ら語れる恋の話をたった1つしか持ち合わせていない。磐田市在住期(すでに東宝シンデレラだった!)の12歳から13歳にかけてのあこがれの先輩の話だ。

これ、ロッテ・ガーナのバレンタインイベントとかでも過去に何度か同じ話をしている。テレビ番組でも話したことがある。かつてレギュラーパーソナリティを務めていたラジオ番組でも話した。毎回内容が同じ。

そして昨年出たmina 2016年10月号の「COVER GIRL 長澤まさみの秋色TALK」という4ページの特集で、当時公開中だった「君の名は。」で声を演じた奥寺先輩にちなんで、LOVEについて語っている。これが過去1番詳しい。
瀧くんが奥寺先輩に淡い恋をしていたように、私も小学生のときに"憧れの先輩"がいました。地元では小学校が市内の北側、中学校が南側にあって、私が小学校に向かっているときに、いつも反対側の道路を歩いている中学生の先輩がいたんです。 
遠目から見ていて「素敵だな」と思っていて、それが小学校6年生での初恋。その後、私が中1のときに彼は中3。バレンタインデーにチョコレートを渡して、電話で告白しました。自分から告白したのって、人生でその1度だけなんです(笑)。
長澤まさみは29年間の人生で1回しか告白をしたことがなかった。このことは過去の発言でも一貫性を保っている。まさみは嘘はつかない。中2で上京して国民的女優になった29歳に至るまで一度も「告白したことがない」。

ちなみに、長澤まさみは2010年に自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ番組「長澤まさみ Sweet Hertz」でも「告白は中学生のとき1回だけしかしていない」と発言をしている。当時23歳になったばかり。UPしてみた。
自分も以前、磐田市の城山中から富士見小まで歩いてみたことがある。道路の反対側を歩いている中学生の顔が、近視だったまさみにちゃんと見えていたかどうかは疑問に感じたのだが、通学路は別の道だった可能性が高い。だとすれば納得。

だが、「告白したことがない」とは言っても喜んでもいられない。長澤まさみの17年の芸能人生で決定的な写真を撮られたことは1回しかないけど、まさみにとっての男性はたぶんそれだけじゃないw 
まさみは20代の間ずっと結婚にあこがれる発言もしてきたけど、まさみが憧れる阿川佐和子を見てみろ!60過ぎて初婚だぞ!と言いたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿