このブログの記事を検索

2016年2月27日土曜日

沼田城と名胡桃城を巡った

NHK大河ドラマ「真田丸」は群馬県側でもフィーバー中。沼田市も真田に乗れ!ってことで「真田街道」というのぼり旗だらけ。法師温泉へ向かう途中、雨に降られながらも沼田城を散策した。
真田信之と小松姫の像。信之は信繁の兄で松代藩の初代藩主。真田信幸のこと。
小松姫って誰?沼田市民で小松姫を知らない人はいないという。本多忠勝の娘で真田信幸に嫁いだ。
小松姫って、真田昌幸と信幸が関が原で敵味方に分かれたあと、孫に会いたいと口実に城に入ろうとした舅の昌幸を、武装姿で入城を防いだ女傑。それ、歴史秘話ヒストリアで見た!あれって沼田であった出来事なのか!
だが、ぜったいに戦国無双の小松姫みたいだったわけないだろw
沼田城は今では公園になっていて、遺構の調査なんかはしてるけど、見るべきものは鐘楼と桜ぐらい。そして、小動物と触れ合える。
沼田といえば天狗。市内を移動中のBGMはZAZEN BOYSの「天狗」w
その後、水上へ移動。猿ヶ京の奥にある法師温泉へ。1泊した翌日、今度は名胡桃城址へ立ち寄る。
名胡桃(なぐるみ)城…、自分がその存在を知ったのは今年に入ってからw 真田昌幸の城。
名胡桃城址之碑、この銘は徳富蘇峰による。
この城こそが、北条氏が滅亡へとひた走るきっかけとなった重要な城。関白秀吉の裁定で沼田城は北条、名胡桃城は真田と決まっていた。
だが、天正17年10月、北条氏邦の重臣・猪俣邦憲が名胡桃城を不法に攻略。これに秀吉激怒w 北条を討て! 
中世の地形がそのまま残っている。戦国ロマンを十分に感じることができる。
名胡桃城址も「真田丸」のおかげで注目度アップ中。そこに展示館があったので立ち寄る。
名胡桃城のことを詳しく知ることができる展示をしていた。VTRを見て学ぶ。
ここ、積極的に解説して話しかけてくる話好きオヤジがいるw お茶をもらったので話にしばらくつきあうことになる。
今後も「真田丸」に注目していく。

0 件のコメント:

コメントを投稿