2020年11月29日日曜日

海底軍艦(1963)

円谷英二特撮、初代ゴジラの本多猪四郎監督による「海底軍艦」(1963 東宝)の存在は昔から知っていた。先端にドリルのようなものがついた潜水艦に巨大ウミヘビ怪獣がからみついてる画とか見たことあった。映画を初めて見た。たぶん高度経済成長時代の子ども向けお正月娯楽作映画。

自分、数年前に押川春浪による明治時代のSF冒険譚「海底軍艦」を読んだことがあった。この特撮映画はまるで別物。
だが、小松崎茂による轟天号のイラストは有名。音楽が伊福部昭なこともこの映画に興味を持った理由。

もう今の若い子は高島忠夫さんを知らない。イェイ!とかやってた高島忠夫さんを俳優の高島兄弟の父としか認識してないかもしれない。そういう自分も「アメリカ横断ウルトラクイズ」のYOUTUBE動画でしか見てない。この時代の二枚目(三枚目?)俳優。「まともですよ。キャメラのレンズのように正直ですよ!」この時代の人はカメラをキャメラと呼んでいた?

まあ、ストーリーが荒唐無稽。ツッコミどころだらけ。今も日曜朝にやってる戦隊ヒーローものや特撮ものはストーリー脚本にそれほど本気は出していない。暖かい目で見る。

あたりまえかもしれないが、もうすでに故人となった俳優だらけだ。
上原謙、天本英世、小泉博あたりは亡くなって久しい。藤木悠という俳優は久しぶりに思い出したので調べてみたら、やっぱり15年前に亡くなっていた。藤山陽子というほぼ無表情な女優はどうやらまだ存命中のようだ。
横浜のレンガ倉庫が出てきて驚いた。今とそれほど風景が変わっていないようだ。

伊豆大島三原山も出て来た。半鐘打って逃げ惑う島民のシーンに登場する道とかストビューで探そうとしたけど、この当時とは道も街並みもほとんど原型をとどめていないに違いない。
大島小涌園という看板があったので調べてみた。藤田観光系列のホテルチェーンだったらしいのだが2000年に営業を終えたらしい。

そもそも色付き眼鏡にベレー帽にオーバーコートなんて人間もいない。いたら目立つ。こいつが山を見ただけでボーキサイトやマンガン鉱脈があると断言する文字通りの山師。
ムゥ帝国の感じは第一次大戦後に南洋へ進出していった日本人の原体験がベースか?ムゥ人たちの儀式とダンスシーンが長い。

見てる最中はわくわくしながら見れた。だが、見終わってそれほどの満足感はない。昔の日本人がこの程度の映画で満足できていたとしたら、たぶんピュアだったんだろうなと。
この映画が封切られた時代はまだまだかつての帝国海軍の大将たちが存命だった。そんなことを想い起させてくれる映画。

0 件のコメント:

コメントを投稿